業界最軽量の電動アシスト自転車! パナソニックから「ビビ・SL」

拡大画像を見る

 パナソニック サイクルテックは12月3日に、新たな「カルパワードライブユニット」を搭載した、ショッピングモデルとしては業界最軽量の電動アシスト自転車「ビビ・SL」を発売する。価格は12万5000円。
 

 「ビビ・SL」は、従来のドライブユニットと比較して約24%(約900g)と大幅に軽量化した「カルパワードライブユニット」を搭載した電動アシスト自転車。
 アシストの力強さはそのままに、より軽く、快適な走行を可能にした。坂道ではぎくしゃくしたペダリングをモーターが補い、なめらかにアシストするほか、漕ぎ出し時は平地や坂道、荷物の有無などの負荷を検知して、最適なアシスト力に調整する。また、中速域でのスピードの伸びを向上することで、より快適な走りを実現した。
 ダウンチューブの形状を二重構造型から卵型にした「かるらくアルミフレーム」を採用し、軽量化を実現しつつ、肉厚を適正化して強度も確保している。
 サドルの高さは、従来製品である「BE-ELL432」と比較して約5cm低くし、最低地上高を67cmにすることによって、足が地面につきやすく、安心して乗り降りや停車ができる。また、シート角を「BE-ELL432」より寝かせたことで、サドル位置を相対的に後退させ、ペダリング時の膝の曲げ伸ばしの負荷を軽減し、より楽に漕げるようにした。
 前部のカゴは、化学素材メーカーである小松マテーレと共同開発した、カーボン配合の樹脂を使用した軽量バスケットで、従来製品である「BE-ELL43」と比較して約175gの軽量化を実現した。また高強度を活かした網目の大きなデザインによって軽量化を図りつつ、底面は網目を細かくして、小物が落ちにくい設計としている。
 ほかにも、「カルパワードライブユニット」搭載電動アシスト自転車として、「ギュット・クルームR・EX」「ギュット・クルームR・DX」「ティモ・A」を12月3日に、「ビビ・L」「ビビ・L・20」を2022年2月4日に発売する。

関連リンク

  • 10/5 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます