気象予報士の森田さん 真鍋さんのノーベル賞に興奮「僕も声がうわずって」

拡大画像を見る

 スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2021年のノーベル物理学賞を、真鍋淑郎・米プリンストン大上席研究員(90)ら3氏に授与すると発表した。真鍋さんの受賞に、気象予報士の森田正光さん(71)も大興奮した。

 TBS系「Nスタ」の最終盤で受賞が速報されると、スタジオに呼び戻された森田さんは「われわれの世界ではものすごく有名な方で、気象学ってあまりノーベル賞とかって対象になっていなかったので、実は名前をお聞きして、エッ!?ってすごくビックリしました」と驚きを隠さず。

 「(温暖化について)コンピューターのシミュレーションの技術を革新した、新しいことをやった人。90歳、よくぞ評価していただいた。ボクも声がうわずってますけど」と、真鍋さんの業績を興奮しながらも簡潔に説明した。

 森田さんは「まさか気象関係の方が受賞するなんて、心うわずってます。ずっと昔からお名前は存じ上げていたけど、そんな感じで感動しています」と、番組終了まで興奮しっぱなしだった。

関連リンク

  • 10/5 19:18
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます