野田聖子大臣が首相左側「ナンバー3席」 星浩氏「席順こだわるオジサン文化」

拡大画像を見る

 岸田文雄政権が発足し、5日のTBS「Nスタ」では、閣議前にカメラ撮りが行われる閣僚応接室では、岸田首相に向かって左側のナンバー3席には野田聖子少子化相が座ったと伝えた。ナンバー2の右側は茂木敏充外相だった。

 番組では官房長官は別の出入りしやすい位置に座ることが多いと説明された。

 TBSスペシャルコメンテーターの星浩氏は、首相が決めるとされる席順の慣例などを説明したうえで、「この席順とかにこだわるのは、やっぱり男社会というか、おじさん文化ですよね」と指摘した。

 「カルチャー変えるなら席はどうでもいい。民間企業でも自由な席の座り方をしているところもある。あんまりこういうことにこだわるのは、どうかと思いますけど」と述べた。

 一方で野田氏については、「野田さんは総裁選で争った立場ですから、私は実質ナンバー2よ、と思っているでしょうね」とコメントした。

関連リンク

  • 10/5 19:26
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます