パーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」に省スペースなスキャン方式を採用したコンパクトモデル「iX1300」を発表

拡大画像を見る

PFUは10月5日、ワンタッチで書類を電子化するパーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズの新モデル「iX1300」と「iX1400」を発表。同日から予約受付を開始し、10月8日に販売を開始します。

リモートワークや家庭での書類整理に向けたミドルレンジモデルで、本体サイズがコンパクトなだけでなく、省スペースなスキャンを実現しているのが特徴。

「Uターンスキャン」と「リターンスキャン」の2通りのスキャン方式を採用。身の回りの様々な種類の紙を素早く、手軽に電子化できます。

Uターンスキャンは、原稿台に置いた紙をスキャンして、スキャナーの上部にスキャン後の紙を排出するスキャン方式。排紙スペースが不要で、A4サイズ程度の設置スペースで利用できるのが特徴です。最大20枚の原稿をセットして、A4カラー・300dpiで30枚/分の高速スキャンができることから、まとまった枚数のスキャンに向いています。

リターンスキャンは、本体の前面から給紙して、スキャン後の原稿が手前に排紙されるスキャン方式。両面スキャンにも対応し、A3の原稿を2つ折りにして表裏同時にスキャンすることも可能。名刺や写真をスキャンしたり、身分証明書や銀行通帳をスキャンするなど、様々な種類の紙のスキャンに利用できます。

Wi-Fiに対応し、WindowsやMacOSといったパソコン、iOSやAndroid、ChromeOSといったスマートデバイスからスキャンが可能。クラウドサービスと連携を可能にする「ScanSnap Cloud」を利用すると、パソコンやデバイスを使わずにスキャンデータをクラウドに送信、連携するクラウドサービスへ直接保存することができます。

価格はオープンで、PFUダイレクトでの販売価格は3万5200円(税込)。ホワイトとブラックの2色をラインアップします。

関連リンク

  • 10/5 19:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます