お寺のセンスに脱帽! 写真に収めたくなるカラフルかわいい花手水

拡大画像を見る

社寺の参拝前に手や口を清める手水(ちょうず・てみず)。コロナ禍で使用が禁止されている場所が増えています。

その一方で、使われていない手水舎を花で飾る花手水(はなちょうず)の動きが広まっているのを、ご存じでしょうか。

名前の通り、花を使うのが一般的ですが、意外なもので飾った花手水が、とあるお寺で注目を集めています。その写真がこちらです。

手水舎をカラフルに彩っているのは、ビー玉と彼岸花。

この花手水は、岡寺の名前で親しまれている、奈良県の龍蓋寺にあります。撮影したのは、写真家の三谷ユカリ(@mitsuyuka_lp)さんです。

心が洗われるような美しい光景に、絶賛の声が集まっています。

・とってもカラフル!

・花手水、どんどん進化していますね!

・ビー玉のキラキラと彼岸花の相性がよすぎます!

岡寺の手水舎は、季節の花で飾るなど、異なる装いを見せてくれます。何度訪れても楽しめそうですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @mitsuyuka_lp

関連リンク

  • 10/5 18:15
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます