クレジットカード&タッチ決済の話題振り返り! 2021年9月のトピックス

拡大画像を見る

 クレジットカード会社主催のキャンペーンを含め、前月に話題になったクレジット/プリペイドカード関連のトピックスをまとめて紹介する。2021年9月は自民党総裁選が注目を集め、成長戦略の一つに「デジタル田園都市国家構想」を掲げた岸田文雄氏が投票の結果、自民党総裁に就任。第100代内閣総理大臣に選出された。

●FamiPayが進化 JCBカードでもチャージ可能に


 9月28日から、ファミリーマートの公式アプリ「ファミペイ」の電子マネー「FamiPay」にチャージ可能なクレジットカードに、JCBが発行するJCBブランドのカードが加わった。
 JCBカードは「Apple Pay」や「Google Pay」に登録して利用できても「Kaysh」などのVisaプリペイドカードにチャージできず、他の国際カードブランドに比べ、利用シーンがやや限られていた。今回、FamiPayへのチャージに対応したことで、JCBカード、ファミペイアプリ、双方のユーザーとって利便性が大幅に高まった。
 今年4月15日申し込み分から、エポスカードのカードデザインを一新した丸井グループは、人気キャラクター『ちいかわ』とコラボレーションしたクレジットカード「ちいかわ エポスカード」の発行を10月29日に開始する。
 増えているVisaのコンタクトレス(非接触)決済「Visaのタッチ決済」対応カードのなかでも、珍しいキャラクター主体のデザインだ。既存のエポスカードからの切り替えも可能だが、手数料1000円が必要。
 なお、ヤフーカードを発行するワイジェイカードは、10月1日にPayPayカードに社名変更した。近々、お得な新規入会キャンペーンとともにデザインや付帯サービスを一新した「PayPayカード」が登場しそうだ。(BCN・嵯峨野 芙美)

関連リンク

  • 10/5 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます