山Pも激写!“写真家”二階堂ふみの「ささやかな野望」とは

拡大画像を見る

 10月4日発売の男性誌「週刊プレイボーイ」で、俳優の山下智久が艶気全開のショットを公開。そのカメラマンを務めたのが、女優の二階堂ふみであることに衝撃が走っている。

「今回の号は同誌の創刊55周年特別企画として、16ページに渡って山下のグラビア特集が組まれました。もちろん表紙も山下。同日には『週刊プレイボーイ“号外”山下智久』も緊急発売。さらに、両企画実現の記念として都内8カ所にてビルボード広告を掲示。二階堂は、そのメインのカメラマンを担当しています」(女性誌記者)

 二階堂は、2018年4月に発売された「月刊モトーラ世理奈・夏」でカメラマンデビュー。以降「月刊コムアイ・嘘 写真 二階堂ふみ」「月刊萩花・躍 写真 二階堂ふみ」「長澤茉里奈写真集 グッバイロリータ」と複数の女性モデルや女優を被写体にカメラマンとして活躍。さらに2020年に出演した朝ドラ「エール」(NHK)の放送開始日には「『二階堂ふみ in エール』PHOTO BOOK」も出版され、こちらではドラマで共演した窪田正孝を二階堂自身が撮り下ろしたポートレートも掲載されている。

「最近、二階堂のカメラマンとしての活躍は目覚ましいものがあります。現在、ファッション誌『ELLE』の公式サイト『ELLE ONLINE』では『FOCUS ON』と言う連載を持っています。これは、アクティビストとしての覚悟を決めた二階堂ふみが、自らカメラを手に、今気になる人やモノにフォーカスする、をコンセプトに、毎回違うゲストを招いて撮影・対談を行うという企画です。こちらでは今まで、キャスターの古舘伊知郎や女優の鈴木杏、水原希子がゲストとして招かれています」(芸能ライター)

 カメラマンとしても、アーティスティックな才能を発揮している二階堂。実は彼女にはささやかな夢がある。

「二階堂は2018年に取材を受けた『ORICON NEWS』のインタビューで『32歳のタイミングで10年間撮り溜めた写真をまとめて写真集作りたいなっていう風に思って、そこから日常的にカメラを持ち歩いてプライベートで本格的に撮るようになりました』と語っています。現在二階堂は27歳、5年後には彼女が撮りためたオリジナル写真集を出版するかもしれませんね」(前出・女性誌記者)

 女優だけではなく、カメラマンとしても着実にキャリアを積み重ねている二階堂。もし写真集が発売されたら、大きな話題になることは間違いなしだろう。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 10/5 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます