秋冬の服が似合う「ボブヘア」で40代のおしゃれをアップデート

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250161/ )

スタンドカラーシャツにクルーネックのスウェット、タートルニットなど。寒くなるにつれ、首元が詰まった服につい手がのびる。そんな秋冬ファッションを軸にヘアチェンジを考えているなら、ショートボブが断然おすすめ! 首つまりデザインの服やストールを巻いたときには“すっきり”、たまに胸元が開いた服を着ても寂しく見えない万能なボブスタイルを、テイスト別に紹介します。

 

 

カジュアル〜フェミニンに幅広く対応する「ゆるひし形ボブ」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250161/ )

フェイスラインで揺れるレイヤーとあごラインでくびれるシルエットのひし形ボブ。小顔に見せたい、髪のボリュームを抑えたい人におすすめのスタイルです。頰やエラの張りをカバーしつつ、髪にくびれを作ることで首つまりトップスを着たときもメリハリが出て美人見えが叶います!

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250161/ )

カラーは赤みを抑えたベージュカラーでやわらかい質感を印象づけ、女性らしいソフトなイメージを演出。

担当/安田愛佳さん(LIPPS Ray GINZA) モデル/上野紗弓さん

 

シンプルコーデがモードに映える「切りっぱなしボブ」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250161/ )

輪郭補正の効果が期待できる前下がりの切りっぱなしボブは、特に丸顔や面長の人におすすめのスタイル。顔まわりの髪の長さをあごラインに設定することにより、顔全体をシャープなイメージにしてくれます。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250161/ )

えり足は短めに設定し、徐々に重くなるように前に向かって長めにカット。前下がりにすることで、耳かけしたときもパツッと感が残ります。質感そのものをパリッと見せるため、スタイリング剤はウェット感重視のグロスオイルを使用。

担当/英太さん(lora.garden) モデル/小川莉央さん

 

洋服も含めて全身で見たときに、一番バランスをとりやすいボブ。なんだか服がしっくりこないなと思ったら、ぜひボブヘアにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 


 

関連リンク

  • 10/5 9:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます