浜田雅功、ハイヒール・モモコに明かされた“売れてても極貧”の過去

拡大画像を見る

 お笑いコンビのハイヒール・モモコが10月2日放送の「モモコのOH!ソレ!み~よ!」(関西テレビ)に出演。ある大物お笑い芸人の貧乏時代の様子に触れた。

 この日のゲストは中川家・剛と、メッセンジャー黒田有。剛はNSC11期、黒田は10期で私生活でも親しいという。

 そんな2人の出会いは、NSC時代、配達のバイトをしていた剛が、真夏に冬のスーツを着て紙袋を持った若者を見て、「こんな若いホームレスおんねや…」と思い、通り過ぎる際に顔を見ると黒田だったそうだ。

 そんな話を受け黒田は、「橋のところで生活してたんでね、家がなくて。若手の頃にお金がない時に、家を追い出されまして」と明かすと、MCのモモコは「(ダウンタウンの) 浜ちゃんですら、家がなかったからね。車に住んでた」と振り返った。

 デビュー当時の黒田についてモモコは「インパクト強いイメージあるわ。全然知らん時に『金、貸して』と言われた。びっくりしたわ」と振り返ると、黒田は「モモコさんだけちゃいますよ。鶴瓶さんにもそれやった。金借りんと死ぬから」と語った。

 剛と黒田が出会った頃は「2丁目劇場」が大ブーム。しかし若手は金に苦労しており、「ギャラがものすごい安かった。テレビにはバンバン出てるんですけど、ギャラがそれに追いつかへんからきつかったよね」と黒田。

 モモコは再び浜田に触れ、「すごい人気の時の浜ちゃんもお金なくて、私いつも服貸してたもん。テレビ出ててキャー言われてるのに、『着る服ない』って言うて、『とりあえずジャンパー、これ着て。ニコルクラブやけど』って言うて(貸していた)。あんなにテレビ出てるのに」と述懐していた。

 黒田の貧乏話はファンには有名だが、ダウンタウン浜田にもそんな貧乏時代があったとは…。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 10/5 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます