コバタカ大臣に熱視線?女性識者が人柄絶賛 山口真由氏「男気ある」金子恵美氏も

拡大画像を見る

 岸田内閣の目玉閣僚の一人とも言われる経済安全保障の小林鷹之大臣について、女性識者からは「さわやかな印象」(山口真由氏)「能力も人柄も素晴らしい」(金子恵美氏)など、絶賛の声が上がっている。

 小林大臣は46歳。オレンジがトレードカラーで、岸田総理と同じ開成高から東大法学部、財務省入省後にハーバード大院に留学し12年に衆議院初当選を果たしている。当選3回ながら、今回初入閣を果たした。

 4日のTBS・CBC系「ゴゴスマ」では、元財務省の山口真由氏が「私は(財務省では)かすっただけ」だったというが「入った時には評判が良くて、ボート部で胸筋が厚い」と言い出すと「結構慕われていて、なぜなら男気があって、怒られるときも『今回は僕が行く』と部下をかばう人気のある方」と男気エピソードも紹介。

 さらに「小林さんって、奥さんと長く付き合って結婚された」「さわやかな印象のある方。イメージも」ともコメントしている。

 5日放送のやはり「ゴゴスマ」では、当選同期の元衆議院議員の金子恵美氏がやはり小林大臣を絶賛。「華々しい経歴で、普通そういう人って鼻につくけど、配慮もありますし、温厚だし、『欠点がないことが欠点』と言ったことがある」とコメント。

 さらに「能力も高いし、人柄も素晴らしいし、同期のホープの1人なので期待しています」とまとめ、最後に「好きです」とはにかみながら付け加えたほどだった。

関連リンク

  • 10/5 17:07
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます