【必見】気まずくならない!“相手を傷つけないLINE交換の断り方”4つ

親しくない人にLINEを聞かれると、教えたくないときもありますよね。
しかし断り方によっては、その後気まずくなることもあるので注意が必要です。

そこで、【必見】気まずくならない!“相手を傷つけないLINE交換の断り方”を4つご紹介します。

(1)充電がないから



LINEを交換する際には、スマホの電源が入っていなければいけません。
親しくない人からLINEの交換をしようと言われたら、「充電がないから」という理由で断ると、相手はすぐに諦めることが多いです。

しかし、嘘をついたことが相手にバレると、かなり気まずくなってしまう可能性も……。
充電がないと嘘をつく際には、くれぐれもバレないよう注意しましょう。

(2)恋人がいるから



好意がない異性や苦手な異性とLINEを交換すると、後々めんどくさくなることがありますよね。
それを防ぐためには、「恋人がいるから」といって断るのが効果的。

気を持たせたくない人には、恋人がいると嘘をつくこともアリかもしれませんね。

(3)LINEが苦手だから



LINE交換を断る際には、相手のことが嫌いだと思われたくないときもありますよね。
とくに目上の人などの場合には、断り方に注意する必要があります。

相手のことが苦手だと思われないためには、「LINEが苦手」といって断ると、傷付けずに済むのでオススメです。

(4)きっぱり断る



LINE交換を遠回しに断っても、時にしつこくされてしまうことがあります。
断る際にしつこくされたくないなら、きっぱりと断ることが大事。

そうすることで、相手に気を持たせないことも優しさなのかもしれませんね。


LINE交換は、相手によって断るのが難しいときがあります。
【必見】気まずくならない!“相手を傷つけないLINE交換の断り方”4つを参考に、うまく断る方法を試してみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/5 15:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます