町田啓太、母親への手紙公開 呼び方も明かし赤面「恥ずかしいです」

【モデルプレス=2021/10/05】俳優の町田啓太が5日、都内で行われたイベントに出席。母親へのメッセージを公開した。

◆町田啓太「ペン先が震えています」

スコットランドのタータン登記所で正式に登録されたというタータンチェック柄で作られた同社オリジナルデザインのベストを身につけ登場した町田は「この日のために作ってくださったということで、特別なものを着させていただけて嬉しいですね」と声を弾ませ、同じタータンチェックで作られたチーフと腕時計も紹介。腕時計の秒針が手紙になっているそうで「それがクルクル回っていて、めちゃくちゃかわいいですね。気付くまでちょっと時間がかかったんですけど(笑)」と笑顔で語った。

また、イベントの内容にちなみ、ポストカードに自身のルーツになっている人へメッセージを書いてポストに投函するという企画も行われ、普段、手紙を書くことはあるかと尋ねられた町田は「全然書かないですね。高校時代とかは定期的に学校の方針もあって、近況報告みたいな感じで何ヶ月かに1回、手紙を書いていたんですけど、それから書けていないので、今日はペン先が震えていますね」と明かし、ポストカードにメッセージを記入した。

◆町田啓太、母親へのメッセージ公開

誰にどんな内容のメッセージを書いたのか聞かれると「恥ずかしいですが、高校時代も書いていた母へ書かせてもらいました。こんなところで発表しながら見せるのも忍びないんですけど…」と照れ笑いを浮かべ、「母へ いつもありがとう!こんなに素敵な仕事をさせてもらえるようになりました。圭子さんにもよろしくです。啓太より」と発表。

“圭子さん”について質問されると「実家で母と一緒に暮らしている叔母さんがいるんですけど、叔母さんの名前が圭子さんで、実は日本郵便に勤めておりまして、今回すごく喜んでくれるんじゃないかなと思いまして」と打ち明け、「(この日のイベントは)本当にびっくりする巡り合わせで、ご縁があるなと思って嬉しく思っています」とにっこり。MCから不意に「お母さんのことはなんと呼んでいるんですか?」と質問されると、「母かお母さんですね(笑)。恥ずかしいですね…(笑)」と赤面した。

さらに、同コラボカフェで提供されるメニューの食レポをする一幕もあり「(食レポは)得意とは言い難いんですけど、食べるのは好きなので、思ったままに感想を言わせてもらいたいと思います」と意気込み、まず紅茶を口にすると「さっき、だいぶ焦ったので、今リラックス効果を入れられて安心しました」と吐露。続けて、フィッシュアンドチップスサラダを食べると「美味しいです。ふわっとしてるし…うん、美味しい!すいません、うっすい感想で…。美味しいものは『美味しい』が1番」と苦笑いしていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/5 14:38
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます