【若駒賞 レース後コメント】カクテルライト 山本政聡騎手ら

拡大画像を見る

 4日、盛岡競馬場で行われた若駒賞(2歳・M2・ダ1600m・1着賞金300万円)は、山本政聡騎手騎乗のカクテルライト(牝2、岩手・小西重征厩舎)が2着に2馬身半の差をつけ、1番人気に応えて優勝した。これでビギナーズCに続いて重賞2連勝。

(山本政聡騎手のコメント)
「ゲートが上手なので開いた瞬間、2馬身ほどリードしていました。今回は距離が1600mでしたから、ペースをどうコントロールするか。後ろの馬に影を踏ませないぐらいのリードを保つように心がけました。

 正直、1600mは長いと思いましたが、それは他の馬も一緒。差されないようなペースで逃げることができましたから、思っていたとおりのレースができました」

(小西重征調教師のコメント)
「この馬には距離が長いと思っていましたが、我慢してくれましたし、ジョッキーもうまく乗ってくれました。

 2、3番手の競馬も教えていくのがこれからの課題です。牝馬なので無理なローテーションはできれば避けたい。南部駒賞の優先権を獲得できましたが、まずはレースの疲れを取るのが優先。次走以降については馬と相談しながら、ジックリ決めたいと思います」

(岩手県競馬組合のリリースより)

関連リンク

  • 10/5 13:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます