ラポルテ去就が不透明のマンC、ビジャレアルDFパウ・トーレスに関心か

拡大画像を見る

 マンチェスター・Cがビジャレアルに所属するスペイン代表DFパウ・トーレスに関心を示しているようだ。4日、イギリス紙『メトロ』が伝えている。

 マンチェスター・Cではスペイン代表DFアイメリク・ラポルテの去就に注目が集まっている。現行契約は2025年6月30日までとなっている同選手だが、昨シーズンは出場機会が限定されていたことから今夏の退団を望んでいたことが報じられていた。今シーズンは一転してここまで公式戦6試合に出場するなど、出場機会を増やしているものの、依然として去就は不透明になっているという。

 そこでラポルテの退団に備えるマンチェスター・Cはパウ・トーレスに関心を示しているようだ。報道によると、マンチェスター・Cはパウ・トーレスの動向に注視している模様で、獲得レースで優位に立っていることが伝えられている。

 なお、ビジャレアルとしてはパウ・トーレスに設定されている契約解除金5100万ポンド(約77億円)を満額要求しており、それ以下のオファーは受け入れない方針だという。今夏の移籍市場でも複数クラブが同選手に関心を示していたことが報じられていたが、果たしてマンチェスター・Cに移籍することはあるのだろうか。

関連リンク

  • 10/5 13:19
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます