900万円以上を受取り空っぽの枠だけを送ったアーティスト 「お金を持ち去ったことが今回の作品」と主張(デンマーク)

拡大画像を見る

デンマーク北部オールボーにある近代美術館「Kunsten Museum of Modern Art Aalborg」は、「権力と不平等」をテーマにしてアーティスト活動を行うイェンス・ハーニングさん(Jens Haaning、56)に次回の展覧会に向けて作品の制作を依頼した。

依頼内容は、過去に紙幣を使って平均所得を表現した作品を新たに2つ制作するというものだった。イェンスさんは2007年、デンマークの通貨であるクローネ紙幣を額縁に入れて固定し「デンマークの平均的な年収(An Average Danish Annual Income)」という作品を発表していた。また2011年には、ユーロ紙幣を使用してオーストリアの収入をテーマにした作品を制作している。

今回もこれらと似た作品が期待されていたようで、同美術館は作品に使うためのお金として534000クローネ(約925万円)に加え、依頼料として25000クローネ(約43万円)をイェンスさんに渡していた。

同じテーマでも、時代が変われば作品の姿も違う形になってくるはずだ。イェンスさんから届いた完成品を美術館スタッフは期待を胸に開封した。ところが箱の中には作品を入れるためのフレームが2つ入っており、作品と思われるものは何も入っていなかった。そして空のフレームには、「お金を取って逃げる(Take the Money and Run)」とタイトルが付いていた。

美術館側は作品に使うための紙幣をイェンスさんに渡したにもかかわらず、それらは作品に全く使われていなかったのだ。同美術館は、展覧会が終了する来年1月16日までに返金するという契約をイェンスさんとの間で結んだという。

館長のラッセ・アンダーソンさん(Lasse Andersson)は「展覧会の2日前に、イェンスさんから作品を送ったというメールが届きました。私たちはお金のある美術館ではないので、資金をどのように使うのか慎重に考えなければならず、支払い可能な範囲を超えて使うことはできません」と苦しい財政状況を明かし、イェンスさんの行動に苦言を呈した。

しかしイェンスさんは「私が彼らのお金を持ち去ったことが今回の作品なのです。これは窃盗では無く契約違反です。契約違反もこの作品の一部なのです」と地元ラジオで主張しており、契約に従ってお金を返金する意思はないとのことだ。

これまでの作品と似たようなものを作るとなるとお金が足りないと話すイェンスさんは、「私と同じように酷い労働条件で働いている人々に、同じことをするようにお勧めします。もし最悪な仕事に就いているのに満足に給料が支払われておらず、お金を払ってまで仕事に行くように言われているのであれば、できる限りのことをして立ち去るのです」と作品の意図を明かした。

同美術館はイェンスさんの作品に納得していないながらも、空っぽの枠組みを先月24日から始まっている「Work It Out」という展覧会の作品の1つとして飾っている。

ラッセさんは「私たちはアート作品を展示する場所であって、パフォーマンスアートを作っているわけではありません。皆さんと同じように困惑していますよ」とコメントしている。

なお美術館はイェンスさんが返金を行わない場合には、警察に通報することを検討しているという。

画像は『NPR 2021年9月29日付「For $84,000, An Artist Returned Two Blank Canvasses Titled ‘Take The Money And Run’」(Niels Fabæk/Kunsten Museum of Modern Art)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 10/5 12:56
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます