小籔千豊、インスタで流行の“赤ちゃんギャン泣き動画”に言及「いらない悲しみと恐怖あたえなくていい」

拡大画像を見る

 お笑いタレントの小籔千豊(48)が5日までにインスタグラムを更新。このところインスタグラムで流行している“赤ちゃんギャン泣き動画”について言及した。

 この日、小籔は「最近リール?とかみてよく思うこと」と切り出し、「親の顔が馬になって横の赤ちゃん泣くやつ あれやめたげてーってなる」とコメント。

 このところ、インスタグラムのリールやストーリーズでは「赤ちゃんがエフェクト機能で馬に変身した親を見て驚いて泣き出す」という動画をアップするユーザーが増えており、小籔はそれについて言及したようだ。

 続けて「子供のリアクションかわいーのはわかるけど いらない悲しみと恐怖あたえなくていい 余計なお世話だが小さなトラウマにならんか心配 もうやめどきかもね」と持論を展開。その上で「あれとってる人を全くディスってないからね 親として気持ちはわかる リアクションかわいいしさ ただ、もうそろそろやめどきかなーって感じ」と補足しており、あくまでも親を責めているわけではないと強調しながらも、やめたほうが良いと考えているようだ。

■「あれ、虐待だよね」「何が面白いのかさっぱりワカラナイ」ネットでも物議

 「赤ちゃんがエフェクト機能で馬に変身した親を見て驚いて泣き出す」動画には、ネットでも「赤ちゃんめちゃくちゃかわいそうだし、それを面白がってる親ってどうなの」「赤ちゃん怖がって泣いてるし、そもそも何が面白いのかさっぱりワカラナイ」「あれ、虐待だよね」「子どもは絶対トラウマになるし、目につくこっちにも不快」と否定的な声があがっている。

 親としては我が子のさまざまな感情表現を楽しみたいという気持ちがあるのかもしれないが、わざわざ怖がらせる必要が本当にあるのか、慎重に考えるべきかもしれない。

関連リンク

  • 10/5 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます