良血馬サトノジェネシス、優駿スタリオンステーションに移動

拡大画像を見る

 2019年のゆりかもめ賞を制したサトノジェネシス(牡5、美浦・堀宣行厩舎)が、9月29日に競走馬登録を抹消。10月4日、休養先のノーザンファームから新冠町の優駿スタリオンステーションに移動した。

 サトノダイヤモンドの全弟にあたる同馬は2016年セレクトセール取引馬。2億8000万円(税抜)で里見治氏によって購買されて、美浦の堀宣行厩舎からデビュー。デビュー2戦目に勝ち上がり、ゆりかもめ賞を3馬身差で楽勝。脚部不安による長期休養のち、今年5月の復帰戦も楽勝して、将来が嘱望されていた。通算成績は4戦3勝。

 種付け料などは未定。

関連リンク

  • 10/5 11:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます