ジェラードン「キングオブコント」4時間後に大失態がオンエアされていた

拡大画像を見る

 「キングオブコント(KOC)2021」で5位となったお笑いトリオ・ジェラードンが、約4時間後に“悲劇”に見舞われていた。ジェラードンはKOCが放送された2日の深夜(3日未明)、テレビ東京系「ゴッドタン」に出演し、ネタが飛ぶという放送事故レベルの失態を犯していた。

 KOCでは2番手で登場し、キモい高校生カップルのネタで462点を獲得し、5位と健闘していた。「ゴッドタン」の企画は、ちょうどいいエロネタで女性を笑わせる「ネタギリッシュNIGHT」。ジェラードンは、かみちぃ演じる地下アイドルに熱烈なファンのオタク(アタック西本)がエロい言葉を投げかけるというネタだった。

 西本は冒頭部分で「お久しぶりですねぇ。あなたの…」とセリフが飛んでしまい、やり直し。しかし、2度目も「滝のようにあふれる…」とやはりセリフが出てこなくなってしまった。

 MCのおぎやはぎ・矢作兼がたまらず「調子悪すぎるだろ!」とツッコみ、ジェラードンは同企画では珍しい失格となってしまった。西本はガックリしながら「オンエアどうなってるんでしょうかね」。結果、しっかりと失態が放送されていた。

関連リンク

  • 10/5 10:52
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます