ジビエ初心者でも楽しめる! ロッテリア「ジビエ鹿肉バーガー」の完成度が高すぎる

 ジビエの美味しい季節がやってきました。都内でもジビエ肉が食べられる店が増えていて、特にエゾシカ肉はジビエ初心者でも比較的食べやすく、手軽に食べられる肉出そうです。近年は高タンパクで低カロリー、鉄分も豊富という点からも注目されていますよね。

 身近なところだと、ハンバーガーチェーン『ロッテリア』が2016 年 4 月からジビエ鹿肉を使用した「ジビエ鹿肉バーガー」を店舗・数量限定で販売し、毎年好評を博しています。今年は、全国の店舗にて展開されるということで、早速味わってみることにしました。

北海道・羅臼工場で適切に処理された極上のエゾシカ肉を味わえる!

「ジビエ鹿肉バーガー」は、農林水産省制定「国産ジビエ認証制度」の基準をクリアした、羅臼工場のエゾシカ肉を使用。安心安全で、良質な鹿肉を味わえます。単品は790 円、「ドリンクコンビ」は980 円、「ふるポテセット」は1147 円のセット料金を展開しています。

 早速、「ジビエ鹿肉バーガー」単品とドリンクSサイズを注文すると、「出来上がりまで10分ほどお時間いただきます」とのこと。烏龍茶を飲みつつ、まったりと待ちます。

 そしてやってきたのが、こちら。ポスター写真のイメージがありましたので、ややお肉が小さめかな? 食欲をそそるラグーソースの良い香りにつられてカブりつくと、パティからは肉汁がジュワッとあふれてきました。

 パティは全体の6割が鹿肉で、肉自体の味はとてもあっさりしています。その分、ガラムマサラや数種のスパイスをブレンドしたスパイシーな鹿肉ラグーソースがこってりしていて、ヘルシーなパティとのバランス良し!

 レタス、トマト、玉ねぎの野菜も新鮮でシャキシャキ。脇役のピクルスとマヨネーズも程よく主張しています。ほんのり甘みのあるバンズはふかふか、それぞれの食材との一体感もばっちりです。ハンバーガーとしての完成度は高めといえるでしょう。

 よりボリュームアップしたいなら、パティとソースが2 倍の「ダブルジビエ 鹿肉バーガー(エゾ鹿ラグーソース)」がおすすめ。ファストフードですが、料理として鹿肉を十分に楽しめる一品でした。鹿肉初心者の方もぜひお試しあれ。

(撮影・文◎亀井亜衣子)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/5 10:50
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます