象印マホービン、炊飯ジャーと調理家電の「お試しレンタル」と加湿器の「シーズンレンタル」を開始

拡大画像を見る

 象印マホービンは10月1日に、圧力IH炊飯ジャー“炎舞炊き”や、「STAN.」シリーズの調理家電製品を購入前に実際に使用でき、気に入ったら購入も可能な「お試しレンタル」と、季節商品のスチーム式加湿器を必要な時期だけ使って返せる「シーズンレンタル」ができる「象印レンタルサービス」を開始した。
 

 象印レンタルサービスは、家電お試しサービス「レンティオ(Rentio)」を運営するレンティオと提携し、レンタル業務の運営を委託する。
 お試しレンタルコースでは、圧力IH炊飯ジャー“炎舞炊き”(5品番)と、STAN.シリーズの調理家電(5品番)を、シーズンレンタルコースではスチーム式加湿器(2品番)を用意している。なお、レンタルする製品は点検済みのリユース品だが、返却後と発送前にすべて清掃・検品を行った上で、適切な環境で貸し出しを行う。
 「お試しレンタルコース」は、点検済みのリユース製品を2週間(14泊15日)貸し出すコースで、レンタル期間の延長にも対応する(1日延長ごとに100~300円。商品によって異なる)。利用の途中でレンタル品を「そのまま購入」(買い取り)も可能なほか、新品を直販ECサイト「象印ダイレクト」から購入することもできる。「象印ダイレクト」からの購入時には、レンタル代金分を値引いたクーポンが発行される。
 シーズンレンタルコースは月額制のレンタルコースで、最低レンタル期間は3カ月。お試しレンタルコースとは異なり、「象印ダイレクト」でのクーポン発行や、リユース品の購入には対応していない。どちらのコースもレンタル商品の往復送料は無料。

関連リンク

  • 10/5 11:05
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます