井上咲楽 ネットコメント欄「悪口も勉強と言われるとキツいものがある」

拡大画像を見る

 タレントの井上咲楽が5日、フジテレビ系「めざまし8」で、ニュースサイトのコメント欄について「必要なし」とし、その理由について、コメント欄がなくても、意見を発信する場はあることを挙げた。

 番組ではヤフーがコメント欄について注意喚起を行っていることを取り上げ、番組出演者にコメント欄は「必要」か「必要なし」かを聞いた。

 井上は以前、寝る直前までエゴサーチをしてしまっていると発言したことを倉田大誠アナにツッコまれ「だいぶ苦しめられています」と苦笑い。視聴者からの意見で、厳しいコメントも勉強になるといった趣旨の言葉があったことにも触れ「悪口も勉強と言われちゃうとキツいものがあると思って見てました」ともコメントした。

 コメント欄が必要ない理由については「コメントの方が匿名性が高いと思う。コメント欄がなくても、みんなツイッターとかにコメントを投稿するじゃないですか。だからコメント欄を廃止したからといって、意見ができるところがなくなる訳ではないし、コメント欄の方が責任感はないと思っちゃうので、酷いから無くしてもいいと思う」との考えを示していた。

関連リンク

  • 10/5 9:42
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます