テレ朝・玉川徹氏「モーニングショー」スタッフは「つながらない権利」放棄

拡大画像を見る

 テレビ朝日の玉川徹氏が5日、レギュラー出演する同局系「羽鳥慎一 モーニングショー」に出演し、番組スタッフに「つながらない権利」を放棄させた。

 就業時間外に電話やメールで業務連絡を受けない「つながらない権利」についての話題。NTTデータ経営研究所/NTTコム オンラインによるアンケートでは65・3%の人が「対応する」というものだった。フランスでは「つながらない権利」が法制化されていることなども伝えた。

 玉川氏は「『それ、月曜日でいいよな』っていうことを(週末に)電話とかしてたと思う」と反省を込めて振り返った。ここで、羽鳥アナはチーフプロデューサーからの「玉川さんから金曜の夜とか日曜に連絡くるんですけど」というチクリを紹介。玉川氏は「思いついて、『これ、言っとかないと』と思って」と備忘録的な意味も込めて連絡していると説明した。

 玉川氏は自身を「ダメな上司」とした上で「テレビ朝日決めてください。原則はダメって。ダメって決まったらやらないから」と会社の決断を促した。羽鳥アナは「逆に、日曜日大変かもしれないけど、1日前に言っておいてもらった方が、月曜の朝に『これさぁ…』って言われるよりちょっと準備ができる」と“つながる”メリットも説明。玉川氏が「それもちょっと思う」と同意すると、スタジオは苦笑いだった。

 玉川氏は例外や職種によっての対応も認めつつ「原則はなしにしていいと思う」と自身のスタンスを示した。ここで、スタッフの方を見ながら「(休日の連絡は)やめていいの?」と質問。羽鳥アナが「来た方がいいですか?来ない方がいいですか?」と改めて聞くと、スタッフは「先に来た方がいいです」。玉川氏の圧もあり、番組での「つながらない権利」は放棄された。

関連リンク

  • 10/5 9:39
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます