三浦瑠麗氏 ニュースサイトコメント欄は「必要なし」「踊らされているだけ」

拡大画像を見る

 国際政治学者の三浦瑠麗氏が5日、フジテレビ系「めざまし8」で、ネットのニュースサイトのコメント欄について「必要なし」との見解を示した。

 番組ではヤフーがコメントについて注意喚起を促していることを取り上げ、出演者にもコメント欄が必要か、必要ではないかを聞いた。

 「必要ない」の札を上げた三浦氏は「踊らされているだけ」とピシャリ。「悪口コメントを見たくてどんどんページビューが稼がれていくので、実際にそれでビジネス、金儲けをしている人もいるわけです。悪口コメントをわざと書きやすいような過大な称賛記事を載せたりして俗情を刺激するというメディアもいる」と指摘した。

 「正直、そういうことを許していては、ヤフーやニュースサイトのブランド価値も落ちていくし、企業にとってもよくない」とも語った。

 さらに「ちょっと言葉狩りみたいな風潮もあって、著名人、公人が誤解を与えやすい表現をしただけで、その座を追われるぐらいなのに、なぜ一般人は脅迫あり、脅しあり、なんでもあり…」ともコメント。フジの倉田大誠アナは「テレビに出ている皆さんはよりシビアに感じられる」と三浦の意見に理解を示していた。

関連リンク

  • 10/5 9:25
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます