ここまでやってもOK!男性に喜ばれる「王道のぶりっこ」9パターン

いくら自分をかわいく見せたくても、あからさまに「ぶりっこ」するのは、あざといように思えて気後れしてしまうもの。とはいえ、「定番のぶりっこ」に男性を惹きつける力があるなら、うまく利用したほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ここまでやってもOK!男性に喜ばれる『王道のぶりっこ』」をご紹介します。

【1】別れ際など、ここぞというときに「上目遣い」で見つめ返す
「バイバイしたくなさそうに見上げられた瞬間、ハートを射抜かれた(笑)」(10代男性)というように、女性の上目遣いにやられてしまう男性は多いようです。相手との身長差や階段などの高低差をうまく使えば、「ぶりっこ初心者」でも自然に繰り出せそうです。

【2】重い荷物に四苦八苦してみせて「か弱さ」をアピールする
「それまで女子として見てなかったけど、助けてあげなきゃと強く感じた」(20代男性)というように、腕力のなさを見せつけて、男性の「頼られたい願望」に訴える方法です。実は軽々と運べそうでも、好きな人の前では力をセーブしたほうがいいでしょう。

【3】相手の視線を感じたら「小首をかしげる仕草」で受け止める
「意外とかわいい…とドキドキしてしまった」(20代男性)というように、小首をかしげる仕草にも、男性をときめかせる魔力があるようです。いたいけな小動物になったつもりで「キョトン顔」をして、相手の心をわしづかみにしてしまいましょう。

【4】気になる男性と二人きりのときは「甘えた声」で会話する
「見境ないのは困るけど、自分の前でだけかわいい声なのは大歓迎!」(20代男性)というように、ぶりっこな声色は、狙いを定めて実践すればかなり効果がありそうです。「急にどうした?」などと戸惑われないよう、空気を読みながら徐々に話し方を変えましょう。

【5】「大げさな褒め言葉」を繰り出して、相手を気持ちよくさせる
「褒められると嬉しくなって、いい子だなあって思っちゃうんですよね」(20代男性)というように、「自分を絶賛し、崇拝してくれる女性」に男性は弱いようです。相手の自尊心をくすぐる「褒めどころ」を見つけられたら、効果は倍増しそうです。

【6】ときどき自分のことを「下の名前」で呼び、慌てて訂正する
「きちんとした大人の女性なのに、かわいいところもあるんだなとホッコリした」(20代男性)というように、子供っぽい一面を見せて、男性に新鮮な驚きを与える方法です。「自分に気を許してくれている証拠」だと、親近感を覚えてもらえるかもしれません。

【7】意地悪な発言をされたら「すねた表情」でかわいく睨みつける
「ムッとした顔を向けられたけど、怖いどころかかわいくて笑ってしまった」(10代男性)というように、愛嬌たっぷりに怒ってみせるのも、インパクトがありそうです。「うるさいな!」と相手をポカスカ叩いたりすると、意外に距離が縮まりそうです。

【8】相手の注意を引きたいときは「袖ツンツン」で振り向かせる
「これはたまらん!と、一気にテンションが上がった」(20代男性)というように、男性に声を掛けるときも、普通に肩を叩いて呼ぶのではなく、一工夫するといいようです。表向きは袖を軽く引いているだけなので、職場などでもこっそり実行できるでしょう。

【9】会話が弾んできたら、さりげない「ボディタッチ」で悩殺する
「話が盛り上がってる最中に手とかに触れられると、3割増でかわいく見えてしまう」(20代男性)というように、楽しい会話にスキンシップが加わると、男性の理性は途端に吹き飛んでしまうようです。がさつな印象を与えないよう、軽いタッチで優しく触れましょう。

ぶりっこしたらかえって嫌がられそう…などと心配する必要はなさそうです。相手の反応を見ながら、控え目な振る舞いから試してみましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/5 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます