有吉弘行、狙うはビートたけし路線? 夏目三久との結婚で進む「まじめキャラ」に賛否の声

拡大画像を見る

 お笑いタレントの有吉弘行(47)がMCを務める特番『有吉×怪物』(日本テレビ系)が9月29日に放送され、前週の9月25日に最終回を迎えたばかりの『有吉反省会』(同局系)から、まじめモードに路線変更したことが、多くの視聴者をザワつかせたようだ。

 この番組は、一般的にはあまり知られていないが、その業界では伝説的に語り継がれている“怪物”を、いったいどんな人物なのか徹底取材し、MCの有吉と怪物パネラー陣がその正体に迫る、ヒューマン・ドキュメント・バラエティ。

 番組のセットは有吉がMCを務めた『有吉反省会』のほぼ流用。怪物パネラーも指原莉乃(28)、博多大吉(50)、バカリズム(45)、大久保佳代子(50)、友近(48)と、『反省会』の反省見届け人とまったく同じだが、レギュラー反省人の作家・岩井志麻子(56)らの姿はなかった。

 登場したゲストは、映画『シン・ゴジラ』などさまざまな作品で、写真を超えるリアリティを持つ背景を60年以上も描き続けてきた画家の島倉二千六氏や、レディー・ガガに衣装を提供したファッションデザイナーの廣川玉枝氏など。あまりバラエティに出演しない“怪物”たちだった。

 番組冒頭、島倉氏を紹介するVTRを受け、有吉は「どうも、ちゃんとした番組っぽいですね」と『反省会』を意識したような発言。バカリズムも「パネラーは)僕らじゃないです」と訴え、大吉は「てっきり、ぱいぱいでか美に会えると思ってきた」と、反省人のアイドル・ぱいぱいでか美(30)の不在をボヤいた。

 さらに、島倉氏の感動的なエピソードが紹介されると、大久保が「有吉反省会のつながりで(番組収録に)来てたんで。同じ制作会社が作ってます?」と、スタッフが『反省会』と同じことに違和感を覚えると訴え、バカリズムも「真逆ですよ」と、『反省会』と180度違うまじめな番組作りに驚いていた。

■他番組でもおふざけキャラ封印?

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「すごい人だらけで、ずっと目が離せない」「反省会も良かったけど、こっちのほうが好きかな」や、「このレベルの人たちを毎回呼ぶのは難しいからレギュラー化は無理?」「ひな壇の数を減らしただけだ。バラエティでよく見るメンツ4人だけ残して、まったく新鮮味がない」などと、賛否の声が寄せられていた

 また、「芸人に対して卑下したり辛辣モードの有吉は嫌いだけど、目上の人や偉人的な人に対するまじめモードの有吉は好きだ」などと、ゲストに対する有吉の態度が『反省会』と違うと指摘する声や、ビートたけし(74)のようなシリアス系も狙える芸人路線を狙っていると推測する声もあった。

 同番組だけでなく、最近の有吉については、優しい人やまじめな人というイメージが徐々に浸透しているようだ。また、以前に比べて性格が丸くなったようで、9月16日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、ゲストの木村拓哉(48)と長澤まさみ(34)から手みやげをもらったときにもそれを証明するような出来事があった。

 以前は、せっかくゲストにもらった手土産でも、スタジオに置きっぱなしで帰ることが多かった有吉だが、「今日はもう夜会だっていう時点で、もう何か良い物があるって。奥さん待ってますから」とご満悦の様子。これまで頑なに語ることのなかった、夏目との新婚生活まで匂わせていた。

 バラエティで芸人相手にムチャをするのは相変わらずだが、有吉は50代を目前にして、年齢的に路線変更を図りたい時期なのかもしれない。これは、夏目と結婚したことも、大きく影響しているのだろう。今回の番組の好評を受け、路線変更はさらに進む可能性は高い。

関連リンク

  • 10/5 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます