海老蔵 西野亮廣と初タッグ 来年1月「プペル」歌舞伎化

拡大画像を見る

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(43)が、来年1月に東京・新橋演舞場で上演される新作歌舞伎「プペル~天明の護美人間~」に主演することが4日、わかった。累計発行部数70万部を突破し、昨年映画化もされた絵本「えんとつ町のプペル」が原作。作者であるお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(41)が脚本、空間・美術演出を務め、海老蔵と初タッグを組む。

 ゴミ人間プペルと少年が紡ぐ奇跡のファンタジー物語。プペルを海老蔵が演じ、少年役で市川ぼたん(10)と堀越勸玄(8)が交互に出演。さらに海老蔵は物語の鍵を握る少年の父親役も務め、劇中でも現実と同じ親子関係で共演する。

 映画を見て感動したという海老蔵は「西野さんとはご縁があり、『現代の世では難しくなりつつある、信念と共に諦めない想いを歌舞伎として描きたい』と熱望させて頂きました」と説明。親子共演には「親としては大役に心配ではありますが、今この瞬間の二人にしか描けない表現もあるかと思いますので、公演に向けての稽古に励んでいってほしい」と期待を込めた。

 西野も「海老蔵さんから今回の企画の相談をいただいた時に『これ以上の適役はない』と思いました。主人公達の物語と、海老蔵親子が背負った物語は、あまりにも重なる部分が多すぎて、脚本を書きながら、ウッカリ涙しました」とコメント。ともにマルチな才能を発揮する2人が、強力タッグで新たな歌舞伎の魅力を発信する。

関連リンク

  • 10/5 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます