小倉智昭 膀胱がん肺に転移 ステージ4 1カ月入院で抗がん剤治療 完全復活誓う

拡大画像を見る

 フリーアナウンサーの小倉智昭(74)が4日、文化放送「くにまるジャパン 極」(月~金曜、前9・00)に生出演し、「ステージ4の膀胱がんの肺への転移」と診断されたことを公表した。2018年に膀胱がんの全摘手術を受けていた。抗がん剤治療のため、6日から1カ月入院する。番組出演後、デイリースポーツなどの取材に応じ、現在の体調と心境を明かした上で「74歳にしては人より体力ある方なので大丈夫。期待に応えて帰ってこようと思います」と誓った。

 がん転移という状況下でも、小倉は集まった報道陣の取材に快く応じた。ジージャン&マスク姿で「ご心配おかけしてすみません」と自らカメラに歩み寄った。

 小倉は16年に膀胱がんを公表し、18年に全摘出手術を受けた。膀胱の周囲への転移はないとの診断で、定期的に検診を受けていたところ昨年11月の検査で、両肺に影があるとの指摘を受けたという。

 その後、経過観察が続いたが、医師から提案された肺の生検で転移が認められた。現在の病状については「原発は膀胱がんで、正しく言えばステージ4の膀胱がんの肺への転移。がんはどこに転移してもステージ4なんです」と説明した。

 6日に入院し、抗がん剤治療を始める。最初の1カ月は入院、その後は通院で抗がん剤治療を続ける予定。現在の体調を「どこも痛くもかゆくもない」と説明しつつ、コロナ禍での運動不足を引き合いに「この間ゴルフをやったら散々な目に遭って衰えたなって…」と“平常運転”で笑わせる余裕を見せた。

 11月までの仕事はキャンセルしており、12月以降は医師と相談した上で決める。周囲の反応については「大してみんな心配していないよね!」と小倉節をかましつつ、朝から「頑張れ」というメールが届いていると明かして「期待に応えて帰ってこようと思います」と完全復活を誓った。

 同番組には19年に悪性リンパ腫を公表し、治療した笠井信輔アナ(58)も出演。笠井アナは自身のインスタグラムで「とても心配ではあります でも、小倉さんって…人並外れた体力がある方なんです!!そして何よりも強運の持ち主!華麗なる復活の姿が想像できます」と背中を押した。

関連リンク

  • 10/5 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます