新垣結衣、この冬おうちで楽しみたいことは?音声CMで久々のラジオパーソナリティ風に

【モデルプレス=2021/10/05】女優の新垣結衣が起用されたチョコレートブランドの音声CM・新グラフィック広告が初解禁される。

◆新垣結衣、音声CMに挑戦

同ブランドの広告に出演して11年目となるが、音声CMは初。新垣も「ラジオのパーソナリティをやっていた時があったので、その時が懐かしくなりました」と語るディスクジョッキー篇や、「なるほどな」と思ったというASMR(エー・エス・エム・アール)篇など、まるで、新垣に話しかけられているかのような音声CMに仕上がった。

また、今回のグラフィック広告は、ハウススタジオ内で撮影を行い、冬の温かい部屋を感じるセットの中で、まるで新垣と一緒にいるような空間を演出。新垣の“少し大人っぽいとろける表情”に注目だ。

◆新垣結衣、撮影エピソード

グラフィック広告の撮影は、冬の温かさを感じさせるハウススタジオの中で撮影。冬を感じさせるニットを着てスタジオに入る新垣。カメラの前では、終始リラックスした雰囲気で撮影が進んだ。撮影中は新垣自身で、商品をどのように持つのが良いか、撮影カットを随時モニターでチェックしながら撮影に挑んでいた。カメラマンやスタッフからも「かわいい!」と絶賛のカットが満載で、キャッチコピーである『チョコが、とろん。洋酒と果実が、ほわん。』を感じさせるような、少し大人なビジュアルとなっている。

音声CMの収録は、「あなたの気分はどれ」篇、「ASMR」篇、「今日はどっちの気分」篇、「今年も」篇、「ディスクジョッキー」篇の全5本を収録。雪のようなくちどけの同ブランドならではASMR企画では、新垣も思わず「なるほどな」と納得をしたり、かつて実際にラジオのパーソナリティを務めていた新垣を彷彿とさせる企画の収録に、スタッフもほっこりしたり、あたたかい雰囲気で収録が進んだ。

◆新垣結衣、この冬おうちで楽しみたいことは?

「今回は今まで撮っていたスタジオとは違うハウススタジオで撮影をしまして、それだけで光の感じとか、写真全体の雰囲気がいつもとまた違うなと感じられて、とても新鮮でした」と撮影を振り返った新垣。ブランド初の音声CMについて「ほんとにいろんなパターンと種類を録らせてもらったので、聴いてくださる方に楽しんでもらえるのではないかなと思いますし、ラジオDJ風は、昔、ラジオのパーソナリティをやっていた時があったので、ちょっとその時が懐かしくなったり、ASMRは『なるほどな』と思いました」と紹介した。

さらに、この冬おうちで楽しみたいことを聞かれ、「実現できないかもしれないですけど、ここ数年、毎年冬になると、『こたつが欲しい!』って思っています。こたつでぬくぬくしながら、いただきたいですね」と明かした。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/5 4:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます