長崎県・新上五島町より、極上の牡蠣と最高のシェフがタッグを組んだ絶品缶詰が登場!


新上五島町観光物産協会 地域商社事業部から、新ブランド「と by 新上五島町」の第一号商品「奥田政行と牡蠣のハーブコンフィ」が登場。10月4日(月)より数量限定で発売中だ。

雄大な自然と神秘的な空気感が漂う町


九州西端の島、五島列島の北部に位置し、雄大な自然に囲まれる新上五島町。昔から遣唐使船の寄港地として、またキリスト教徒の新天地として、独特の空気感と歴史・文化が今日まで引き継がれている。

掛け合わせで新しいものを生み出す


新上五島町は、古来より多様な文化を柔軟に受け入れ掛け合わせることで新しいものを生み出してきたが、このたび、これまで以上に多くの人に食を通じて同町の魅力を知ってもらうため、新グルメブランド「と by 新上五島町」を立ち上げた。

掛け合わせで新しいものを生み出すことを、ブランド名の「と」で表現している。

新上五島の真牡蠣×奥田政行シェフ


第一弾商品は、同町が誇る食材の1つである「真牡蠣」と、食材の持ち味を最大限に生かした料理に全国からファンが訪れるイタリアン「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフの出会いで生まれた、「奥田政行と牡蠣のハーブコンフィ」。

新上五島の真牡蠣のクリーミーさは決して濃厚すぎず、ひと口で頬張るとほどよい塩味の味わいと食感のバランスが良いのが特徴だ。

ぷりぷりの牡蠣とハーブの香りを堪能

そんな旨味がたっぷりと詰まった新上五島の真牡蠣を、シチリア島南西の海沿いの町でつくられたモナコ王室御用達オリーブオイル「チェントンツェ」、上五島の海水100%で作られた「矢堅目の塩」、そしてローズマリー、タイム、マジョラムと一緒に丁寧に調理。

缶詰の蓋を開けたときの豊潤な香りと共に、大海を臨む集落の中に厳かに点在する教会が印象的な上五島の風景が溢れ出てくるような商品に仕上げた。

パッケージには、上五島の印象的なシーンをデザインしている。

商品の詳細

「奥田政行と牡蠣のハーブコンフィ」は、<タイム><ローズマリー><マジョラム>の3種を用意。価格は各1,620円(税込)となっている。

購入は、特産品ECサイト「シマリエ」、五島うどんの里内「新上五島町観光物産センター」にて。

なお、「と by 新上五島町」では今後も、素材や人、文化や歴史とのさまざまな掛け合わせによって多様な商品を販売していくとのことなので、お楽しみに!

画像をもっと見る

  • 10/4 23:34
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます