三重県伊勢市発のファクトリージュエリーブランド『AYUS / アユス』が誕生


真珠養殖発祥の地・伊勢志摩、そして神社の頂点に御座す伊勢神宮の在る伊勢より、ジュエリーブランド「AYUS(アユス)」が誕生した。

真珠卸業者のジュエリーブランド


「AYUS」は三重県伊勢市に本社を構える創業34年の真珠卸業者が、積み重ねてきた経験と知識を生かして創り上げたファクトリージュエリーブランドだ。


同ブランドのジュエリーは、全て三重県伊勢市にてハンドメイドされている。


「Tahitian black baroque pearl necklace / 40cm, 8-9mm」¥44,000。


「Akoya pearl necklace / 120cm, 7.5-8.0mm」¥78,000。


「South sea baroque pearl earrings 10-11mm」¥20,000。

AYUS


「AYUS」は、サンスクリット語で「いのち、若さ」という意味。


伊勢神宮のあるこの地には、それを象徴する「繰り返し再生することで、常に若々しい」を意味する[常若(とこわか)]という言葉があり、その常若をコンセプトに真珠を通して持続可能(サステナブル)なものづくりを行なっていく。

バロック真珠を多用


一般的に真珠は「丸い珠」をイメージする人が多いと思う。しかし、同ブランドのジュエリーは、「バロック真珠」と呼ばれる丸くならなかった変形した真珠も多数使用している。

バロック真珠は、自然に変形したものなので同じ形のものがない。全部形の違う真珠を個性と捉え、身に付ける人の個性の一部となる。

美しく個性的なジュエリー


そんなバロック真珠は、真珠は丸いとする考えから多くの人に敬遠され、捨てられていた過去もある。一つ一つ違う個性の真珠を生かして、美しく個性的なジュエリーへと昇華させたのが同ブランドのジュエリーだ。

ひと目で同ブランドのジュエリーと分かる


「AYUS」のジュエリーは、ネックレスのクラスプ(留め金具)とピアスキャッチに独自のデザインを使用しており、ひと目で同ブランドのジュエリーと分かる。そしてクラスプもピアスキャッチも単なる留め金具ではなく、それ自体もジュエリーの一部として個性的な輝きを放つ。

アフターケアも


AYUSは、アフターケアも製作している専門の職人が行う。ネックレスの長さ調節や糸替え、ピアスを紛失した際の片方製作など、様々な修理・要望に対応する。

その他詳細、購入は「AYUS」公式オンラインサイトで確認を。

この機会に、「AYUS」のジュエリーをチェックしてみては。

画像をもっと見る

  • 10/4 23:34
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます