【今週の運勢】数秘術×ルーン占い★ あなたの「誕生日」から導く今週の運気は?【2021年10月4日~10月10日】

拡大画像を見る

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする週間占い「数秘術×ルーン占い」。あなたの誕生日からバースデイ・ナンバーを導き出し、数秘術×ルーン占いで今週も愛のあるメッセージをお届けします。2021年(令和3年)今週1週間(10月4日~10月10日)までのあなたの運勢は……?
(監修:東京・池袋占い館セレーネ所属の占い師・真龍人(マリユドゥ)さん)


◆バースデイ・ナンバーとは?
数秘術でのバースデイ・ナンバーは、厳密には「誕生日の日にちだけ」をさしますが、この占いでは便宜上、月日を足したものをバースデイ・ナンバーと呼びます。

<バースデイ・ナンバーの出し方>
誕生日の月と日を足して、1桁になるまで足し続けてください。

(例)8月16日
8+1+6=15
1+5=6 
よって、8月16日生まれの人のバースデイ・ナンバーは「6」です。

バースデイ・ナンバー「1」
10月に入り、本格的に学びたい意欲が湧いてきた人も多いのでは?「学びの秋」にするにはベストタイミング。一つひとつ着実に積み上げていけば、大きな成長につながるはず。三日坊主にならないように、1日10分でも良いので勉強する時間を設けましょう。

バースデイ・ナンバー「2」
進みたい方向性が見えてきた人にとっては、運気が味方してくれそうな1週間。目標に向かって前進すれば、ゴールはすぐそこまできています。ときには、なりふり構わず、がむしゃらに取り組むことも大切。ルーンの神様も、思いがけないプレゼントをくれるはずです。

バースデイ・ナンバー「3」
「自分の限界に挑戦してみたい」と感じた人は、ここからの時期に挑み続けることで、パワーアップが約束されるようです。視野を広げるために、これまであまり興味がなかった分野にも触れてみましょう。異文化と触れ合うことでも、何か大きな発見があるかもしれません。

バースデイ・ナンバー「4」
新しい環境に飛び込む人も多いかもしれません。数秘術では“はじまりの月”になります。心機一転、新しいことにチャレンジしてみましょう。初めてのことで戸惑ったときは、年長者のアドバイスが役に立つはず。また、伝統やルールに従うことも大切のようなので、新旧織り交ぜるのも◎

バースデイ・ナンバー「5」
バランスが重視される秋に入っていきますが、「白黒ハッキリつけたい」と感じる人も多くなるかもしれません。ルーンの神様は、一度縁を切ったり、終了することも必要だと教えてくれています。きっぱりと終わらせることで、再スタートを切ることもできるとき。いつまでも執着しないことも大切です。

バースデイ・ナンバー「6」
心がときめくような出来事が多くなり、ソワソワしてしまうかも。しかし、突然の予定変更なども起こる可能性がありそうです。それを機に、状況が意外な方向へと進んでいく可能性もあるかもしれません。サプライズはする側でも、される側でも吉。運命のいたずらも楽しんでいきましょう。

バースデイ・ナンバー「7」
「静」と「動」で言えば「静」の時期です。穏やかで静かな気持ちで過ごすと良いでしょう。ただし、動く必要がある人は、そうは言っていられないでしょう。ルーンの神様は、「一度動いてしまえば波に乗れる」と教えてくれています。動き出したら安定感を維持するように努めれば大丈夫。

バースデイ・ナンバー「8」
新しいことを求めて動き始めた人もいるかもしれません。今週は、どんな些細なことでも行動してみることが大切。初めて食べるもの、初めて身につけるファッション……何かを変えることで、自分自身も大きく変わることができるようです。はじめの一歩は、友達が後押ししてくれそうです。

バースデイ・ナンバー「9」
頼まれごとが多くなる1週間。この時期にお願いされたことを引き受けると、新たな道が切り開かれていくようです。なかには損な役回りもあるかもしれませんが、「人のために……」という姿勢が功を奏するはず。ただし、心が追い付かないときは一度立ちどまってみることも必要です。

■監修者プロフィール:真龍人(マリユドゥ)
20代より占星術を学び、社会人経験を経て2017年より対面鑑定、チャット鑑定、メール鑑定を開始。LINE占いコンテンツ「石垣島の宿命師 マリユドゥ」の監修も手掛ける。2019年に拠点を沖縄県へと移し、西洋占星術とタロットを組み合わせ、お客様の明るい未来を創るサポートに日々励んでいる。占い講師としても活動中。
個人サイト:https://linktr.ee/Maryudu
Webサイト:https://selene-uranai.com/

関連リンク

  • 10/4 21:40
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます