フィッシャーズのシルクロード コロナ感染していた 高熱、味覚・嗅覚喪失など「つらかった」

拡大画像を見る

 6人組人気YouTuber「フィッシャーズ」のシルクロードが4日、YouTube動画を新規投稿。今年8月、新型コロナウイルスに感染していたことを公表した。

 シルクは「いきなりきました、本当に。急に陽性出たね~」「最初の3日間、4日間がつらかった」と振り返った。40度近くの高熱が出て、味覚や嗅覚が失われたという。

 39・4度の高熱が出ていた時期の自撮り動画では「陽性でございました」と咳こみながら説明。「一番最初の症状は急なだるさ(倦怠感)。1人背負ってるんかな、と思ったら、急に発熱がきて、筋肉痛がきて、咳出始めて。鼻がきかなくなってきた」と次々に新しい症状に襲われたことを明かした。

 発症から5日後には熱が下がっており、「ビックリしたのはチキンラーメン作ったら味が全くしなかった」と告白。自宅隔離期間が終了した10日後には「味を感じるようになりました」と報告。ひどいときはチョコレートを食べても牛脂の味しかしなかったという。

 感染し、療養していた8月に投稿した動画は、実は過去に撮りだめていた映像だったことも説明し、「(今は)後遺症もなくいつも通りの日常に戻った。戻ってよかった~!」と喜び、「皆さんも気をつけてください」と呼びかけた。

 4日のツイッターでも「いまは元気になっています!」と説明した。

 若者に圧倒的人気を誇るフィッシャーズは、今年1月に小池百合子都知事と新型コロナについてリモート対談していた。

関連リンク

  • 10/4 21:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます