綾瀬はるか「コロナ感染と母親投資トラブル」の意外な接点

拡大画像を見る

 8月31日に新型コロナウイルスに感染し入院していたことがわかった女優の綾瀬はるか(36)。ところがこのニュースに対して「入院困難者がいるなかですぐ入院できたのは、綾瀬が上級国民だからだ」などとする心無いコメントがネットで散見されるようになってしまった。

※動画は「taishu.jp」で

 そんな「綾瀬はるかのコロナ感染と入院」について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、綾瀬が入院するに至った生々しい病状の変化について、またドラマなどの現場においていかに感染防止が徹底されているかについて、さらに一部で報道されている綾瀬の母親が巻き込まれた「1億円投資トラブル」についても話はおよび、白熱のトークが展開された。

 出演は、タレントの茜さやさん、芸能リポーターの佐々木博之氏、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/mAAJ9xqFUnA

関連リンク

  • 10/4 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます