長続きの秘訣!ベテランカップルが実践している【ケンカした時のルール】とは?

拡大画像を見る

彼氏とケンカした勢いで別れてしまったという経験をしたことがある女性もいますよね。ケンカすることで大きな亀裂が生じてしまうカップルもいるでしょう。
いつでも仲良く付き合っているカップルは、ケンカの際のルールがあることが多いです。ルールがあるからこそ、尾を引かずにスッキリ解決できるのです。そこで、仲良しベテランカップルが実践しているケンカのルールについて紹介します。


お互いの言い分を聞く

ケンカしたときに自分が悪くないと思っていると、つい自分の意見ばかり主張してしまいます。しかし、それだとどちらか一方に不満が溜まってしまい、もやもやが残ってしまうのです。
長続きカップルは、いったんお互いの言い分を聞きます。なぜしたのか、どのように考えていたのかを知ることで相手の考えに歩み寄ることができるのです。


早めに解決する

お互いがヒートアップしないように熱が冷めるまで時間を置くことも必要ですが、出来る限り早くケンカを解決させることも肝心となってきます。
長続きするカップルはどちらかが拗ねて話し合いを放棄するということはなく、お互いに早めの解決を目指します。そうすることで、イライラした気持ちをずっと抱えることがないので、仲直り後に再び怒りが湧いてくるということが無いのです。


お互いに謝る

ケンカするときはどちらか一方だけが悪いということはありません。そのため、長続きカップルが謝るときは片方だけでなくお互いが謝るようにします。
自分の悪かったことをお互いに謝ることで、許してもらう代わりに許してあげようという気持ちになります。自分も悪かったし相手も悪かったと思うことで、気持ちに余裕が出来るのです。


過去の話はしない

ケンカするときに、前のケンカの話をぶり返すことってありますよね。しかし、過去の話をぶり返したケンカは鎮静させるどころかヒートアップに繋がってしまいます。
長続きするカップルは、今のケンカ内容にだけ焦点を当てます。過去のことは解決したものとして、今は関係のないものとして扱っているのです。


仲がいい時に決めよう!

自分たちのケンカのときと比べて違いはありましたか?ケンカのルールを険悪な時に決めようとしても、決めることはできません。仲がいい時だからこそ、ケンカした場合の対処法について話しておきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/4 21:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます