神社で見かけた、手水に花が浮かぶ光景が? 「目を見張った」「うっとり」

拡大画像を見る

埼玉県行田市(ぎょうだし)にある神社の『行田八幡神社(ぎょうだはちまんじんじゃ)』。

同神社では、2021年4月より、口をすすいで身を清める『手水鉢(ちょうずばち)』に、色とりどりの花を浮かべる『花手水(はなちょうず)』が、月1回の頻度で開催されています。

Yuji Shibasaki(@Yuji_48)さんが撮影した、『花手水』の光景をご覧ください。

幻想的…!

あまりの美しさに、心を奪われた人もいるのではないでしょうか。

無数の花が水に浮かび、水中から照らされている様子に、「目を見張った」「うっとりする」といった声が上がっています。

2021年内に、同神社で開催される『花手水』は、残すところあと11月20日と12月4日の2回のみ。

気になる人は、新型コロナウイルス感染症への感染対策をしたうえで、行ってみてはいかがでしょうか。

[文・構成/grape編集部]

出典 @Yuji_48

関連リンク

  • 10/4 19:51
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます