レバノン料理ってどんなの?【京都】五條楽園の『汽』をご紹介!

拡大画像を見る

★ 五條楽園 汽 ★


今回は、最近私がどハマりしているレバノン料理のお店をご紹介!
今年の5月15日にオープンした期待のレストラン。
 

https://gojyorakuen.com/
 
レバノン料理、皆様ご存知でしょうか。
私は、主人の兄弟にヴィーガンがいるため、ヴィーガンフードでも有名なファラフェルやフムスは家庭の食卓でもよく口にしていました。
ファラフェルは、水でもどしてからすり潰したひよこ豆に、パセリやコリアンダーなどのスパイスを混ぜた、丸めて揚げたコロッケのような見た目の伝統的な食べ物です。そのヘルシーさから、近年注目を集めています。

中東風の味付けに使用される様々なスパイスの味わいがなんともお洒落で、病みつきに。
とにかく美味しいんです!!
オープン当時、お店でいただいた際の写真はこちら。
ファラフェル(1500円)と ザクロ100%ジュース(500円)

こちらは、季節の野菜(1800円)

最近は、週末にテイクアウトし、大好きな器に盛り付けておうち時間を楽しんでいます。
※テイクアウトの際は、ピタパンは付いてきませんが、2枚300円で注文が可能です。詳しくは、メニューをご確認ください♪
 
ビーフシャワルマ(900円)ファラフェル(1000円)

チキンシャワルマ(800円)

元々は、北山で高級フレンチのお店をされていたシェフが作り出すお店の空間はもちろん、こだわり抜いた食材の良さを一口で感じることのできる素敵なメニューばかり。
関西でレバノン料理を食べることのできる場所はまだ少ないため、とっても貴重なスポットです。
京阪からもとっても近い五條楽園界隈、とってもおすすめです♪
 

関連リンク

  • 10/4 19:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます