「忘れたいのに忘れられない...」失恋を乗り越える方法4つ

拡大画像を見る


大好きな彼との突然の別れ。いつまでも引きずって、なかなか前に進めない、という女性は多いのではないでしょうか。一方的に振られてしまったり、事情があって別れることになったり、失恋には様々な理由がありますが、どのような背景があったとしても耐えがたいこと。今回は、失恋を乗り越える効果的な方法をいくつかご紹介します。


無理に忘れようとしない

無理に忘れようとすればするほど、頭の中が彼のことでいっぱいになる、というケースは珍しくありません。彼との思い出は簡単には消えないでしょう。しかし、つらい記憶は時間が解決してくれるもの。
忘れようと必死になるよりも、苦しいことを受け入れて前に進むべきです。感情の切り替えは誰であっても難しいものです。忘れられない場合には敢えて忘れようとせず、今ある時間を有効的に使うといいでしょう。


新しい出会いを探す

忘れたいのに忘れられないという場合には、新しい出会いを探すといいかもしれません。他の異性と関わることで、徐々に思い出さなくなったというケースは多いです。失恋のショックで、「もう誰とも付き合いたくない」と考える女性もいるでしょう。しかし、新しい出会いは過去のつらい記憶を幸せなものに塗り替えてくれます。


何かに没頭する

失恋をすると、まるで世界の終焉かのような絶望感や喪失感が襲ってきますよね。失恋のダメージを癒すためには、好きな世界観や何かに没頭すると効果的でしょう。つらさはある程度時間が解決してくれますが、何もしないままじっと待っていると長い間苦しい時を過ごすことに。ぜひ、新しい出会いを探してみたり仕事を今以上に頑張ってみたり、時間を忘れさせてくれる何かで心を癒してみては。


連絡先や思い出の品を処分

失恋のショックからはなかなか立ち直れないもの。振られたのにも関わらず、あまりの喪失感から彼にしつこく連絡をしたり、思い出の品を捨てられなかったりする女性は多いことでしょう。しかし、「未練を断ち切りたい」「早く忘れたい」と思うのなら、先に進むしかありません。好きな気持ちが残っていても、彼との時間は過去になったと受け入れるべきです。


まとめ

誰にとっても失恋はつらく苦しいこと。人によっては、何もかもがどうでもよくなってしまうほど、大きな喪失感に襲われるかもしれません。失恋を乗り越えて前に進むのは、簡単にできることではないでしょう。
しかし、じっと一人で耐えているばかりでは、時間だけが頼りになってしまいます。新しい世界に触れてみたり、仕事や趣味に没頭したりして、自分から積極的にダメージを癒してみてください。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/4 20:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます