清原氏の元妻・亜希 次男の豪快弁当に「食べたい茶色おかずいっぱい」「茶色いのに旨そう」

拡大画像を見る

 元プロ野球選手・清原和博氏(54)の元妻でモデルの亜希が17日、インスタグラムを更新。高校生の次男(16)のために作った手作り弁当の写真を投稿した。

 弁当作り中にここ最近悩まされてきたと思われる蚊に遭遇し、思いっきりパチンと叩いたところ、簡単にかわされてしまったことを明かした亜希。「いやいやこの敗北感たら…その時感じた自分の力み…今まで力んでいいことってあったかな?」と反省し、この日の弁当を「#力んだらあかんて弁当」と命名していた。

 豪快サイズのアルミの弁当箱には、れんこんのはさみ揚げ、きのこ・こんにゃく・豚肉・玉ねぎのソテー、ゆで卵半分、野沢菜漬け、梅干し、白米がたっぷり。カラフルな“インスタ映え”とは一線を画す、本当に食べたい“茶色弁当”となっている。

 フォロワーからは「どうやったらこんな美味しそうなお弁当が作れるんだろう」「食べたい茶色のおかずがいっぱい!!」「あきさんのお弁当は緑が過剰に入ってなくて安心」「茶色弁当、娘の弁当に真似させてもらってます!!」「毎回毎回茶色いのに旨そうなお弁当」「美味しいものは茶色ですよね いつも参考にさせて頂いてます」などのコメントが寄せられている。

 亜希は2014年9月に清原氏と離婚。慶應大学1年生で野球部の長男・正吾君(19)と次男を育てている。

関連リンク

  • 10/4 19:36
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます