眞子さま病気の『原因』にカズレーザーがズバリ 「正論」「指摘できて素晴らしい」

拡大画像を見る

2017年9月に大学時代の同級生・小室圭さんとの婚約内定が発表された、秋篠宮ご夫妻の長女である眞子さま。

しかし、お代替わりの一連の儀式が終わる2020年までご結婚は延期に。その後も、関連する儀式の延期が行われています。

そんな中、2021年10月1日に宮内庁は、眞子さまが医師から複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)との診断を受けられたと発表しました。

眞子さまの病名公表を受け、カズレーザーが報道のあり方に苦言

同月4日に放送された情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)では、眞子さまの病名公表について報道。

宮内庁によると、眞子さまはご自身やご家族、小室さんなどに対する誹謗中傷と感じられる出来事が続き、ストレスを感じていたといいます。

コメンテーターであるお笑いコンビ『メイプル超合金』のカズレーザーさんは、今回の件に対して持論を展開しました。

複雑性PTSDということで、長期間にわたっていろんな心労が続いた結果…みたいなのを最近拝読したんですけれども。

これって小室さんの自宅とかまで我々(マスコミ)はカメラ持ってって、張ってたりしてたじゃないですか。それが多分ピークになって…まあ今は張ってないとは思うんですけれども。

こうやって眞子さまの話をするってなって、「眞子さまはこういう症例、病状です」っていう原因として、「我々にも(原因が)あるんじゃないの?」って話は、やっぱするべきなんじゃないですかね。

めざまし8 ーより引用

週刊誌やマスコミによって小室さんや一時金の件だけでなく、プライベートな話題や、真偽不明な情報まで拡散された眞子さま。

それらの報道によって、ネットからはご結婚に関する話題が拡散され、いろいろな意見が飛び交うようになりました。

カズレーザーさんは、「眞子さまの心労の原因が自分たちマスコミにもあるとして、今回の件に向き合うべきではないか」と真剣な表情でコメント。

続いて、司会である俳優の谷原章介さんも、「報道のこれからの姿勢が問われると思います」とカズレーザーさんの意見に同意しました。

情報番組に出演する立場でありながら、マスコミに反省をうながすコメントをしたカズレーザーさんに、ネットでは称賛する声が上がっています。

・ちゃんと客観視して、報道のあり方について指摘するのは素晴らしい。

・マスコミの報道を無視せず、あえて触れたのはえらいと思う。

・正論。今回の件に関する報道や誹謗中傷は、あまりにも醜かった。

今回の件に限らず、著名人を報道する際のプライバシー侵害には多くの人が疑問を呈しています。

カズレーザーさんがいうように、報道に関わる人たちが問題視し、考えることが重要なのではないでしょうか。

カズレーザーさんに関する記事はこちら

[文・構成/grape編集部]

出典 めざまし8

関連リンク

  • 10/4 19:10
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 眞子内親王、眞子殿下と言わないメディアなんて昔から終わってる。

記事の無断転載を禁じます