白石和彌監督『仮面ライダーBLACK SUN』高橋泉&樋口真嗣&田口清隆ら制作参加

 仮面ライダー生誕50周年を記念して、『仮面ライダーBLACK』を白石和彌監督がリメイクする『仮面ライダーBLACK SUN』が、配信番組として本格始動。高橋泉、樋口真嗣、田口清隆ら制作スタッフの解禁、公式SNSの開設に加え、応援プロジェクト企画、キャラクターデザインに関する新情報が明かされた。

 1971年にテレビ放送がスタートした『仮面ライダー』への原点回帰をコンセプトに、1987年に放送された人気作『仮面ライダーBLACK』を配信番組としてリメイク。30年以上の時を経て、『凶悪』や『孤狼の血 LEVEL2』などヒット作を手掛ける白石が監督を務め、新しい視点で描き出す。

 脚本は、『凶悪』や『ひとよ』などで白石監督とタッグを組んできた高橋泉。ビジュアルコンセプトは『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』などで監督を務め、『シン・ゴジラ』で日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した樋口真嗣が担当。『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』をはじめ、ウルトラマンシリーズ最新作『ウルトラマントリガー』も担う田口清隆が特撮監督を務めるなど、実力派制作陣が集結した。

 作品の公式サイトとツイッターも開設。公式サイトでは、今回のメインスタッフ情報の解禁に伴い、白石、樋口、田口による特別インタビューを収めたスペシャルムービーを公開している。

 10月11日から11月29日には「仮面ライダーBLACK SUN 応援プロジェクト」と題したクラウドファンディング企画を実施。本プロジェクト限定の「プロダクションノート」や「オンライントークショー」、護流五無(ゴルゴム)の一員としてエキストラ参加ができる権利、「仮面ライダーBLACK テレビパワーDX 変身ベルト」などを用意する。

 さらに、11月19日から21日に多種多様なフィギュア、豊富なブランド、新商品がオンラインで楽しめる「TAMASHII NATION ONLINE 2021」が開催。同イベントの最終日に、本作のキャラクターデザインビジュアルが解禁されることも明かされた。

 『仮面ライダーBLACK SUN』は、2022年春スタート予定。

■高橋泉コメント
肉体的には強靭な強さを持った、BLACKや怪人たち。でも、怪人に改造されたことへの苦しみも見せる。そんな怪人たちの強さ、弱さ、儚さをドラマチックに描きつつ、やはり最高に格好いい、怪人たちの戦いを書いていきたいと思っています。是非、楽しみにしていてください。

■樋口真嗣コメント
白石監督が『仮面ライダー』を手がけるという時点で、物凄いことになるんじゃないかと頭の中にどんどん妄想を膨らませています。私はこの作品のコンセプトビジュアルの担当として、怪人はなぜ生まれたのか、この世界が怪人のいる世界だったらどうなっていたか、ゼロから〝改造人間や怪人〟を見直して作品を作りあげていきたいと思っています。皆さんも是非期待していてください。

■田口清隆コメント
今回特撮監督として『仮面ライダーBLACK SUN』に携われることを光栄に感じています。7歳の頃見ていた『仮面ライダーBLACK』で印象に残っている怪人たちのような、とにかくかっこいい造形を本作でも作りたいと思っています。本作はこれまでの『仮面ライダー』を尊重しながら、ある意味“殻を破って”作られている作品です。これまでに見たことがないものが出来上がりそうな予感がしているので、皆さんも楽しみにお待ちください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/4 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます