ZARDも仲間入り! 相次ぐ全曲サブスク解禁 最近のサブスク関連ニュースまとめ

拡大画像を見る

 サブスクリプションサービス(サブスク)の定義は定まっていないが、エンタテインメント分野に限ると、サブスクは「聴き放題・見放題」とほぼ同じ意味。音楽配信では有名アーティストの「サブスク解禁」が報じられるたびにファンから歓喜の声が上がっている。

 9月15日、ZARDが待望の全曲サブスク配信を開始。「負けないで」「揺れる想い」など、1990年代のヒット曲を中心に全389曲を主要音楽配信サイトで配信する。
 今年に入り、B’z、大滝詠一、TWO-MIX、GARNET CROW、西野カナなども全曲サブスク配信を開始。「全曲」なので、バージョン違いなども含まれ、ZARDの場合、幻の楽曲「約束のない恋」がダウンロードで初配信となる。また、倉木麻衣の『名探偵コナン』のテーマソング全24曲もサブスク解禁となっている。
 音楽サブスクは、活動休止、解散、引退、メンバーの逝去などの理由で新曲の発売がないために若い世代に知られるきっかけのないアーティストのPRに最適と考えられ、事務所やレコード会社は、サブスク解禁をプロモーション活動の一環として活用しているようだ。
 エンタテインメント分野以外では、西川のふとんを定額レンタルで購入前に試せるサブスクサービス「Sleep Charge」、月額6000円でソロキャンパー向けに提携キャンプ場が利用し放題(土日のみの利用は除く)の「Outdoor Life」のトライアルがスタート。ポッカクリエイトが運営する「カフェ・ド・クリエ」は、公式アプリユーザー向けに対象ドリンクを1日最大2杯まで、月額6000円で飲める「クリエのサブスク」を開始した。

関連リンク

  • 10/4 19:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます