桑子真帆、よく見ると突如のボディ強調!ファン離れ食い止めは「Dバスト」で?

拡大画像を見る

 10月1日放送のNHK「おはよう日本」での桑子真帆アナの姿が、ファンの間で注目を集めたようだ。

「この日、メインキャスターを務める桑子アナは、黒地の柄の入ったワンピースで出演。スカート部分もロング丈で、一見は地味に見える格好だったのですが、よくよく見ればボディラインが浮かび上がるタイト衣装で、推定Dカップの充実したバストラインも丸分かり。改めて彼女が男好きするスタイルの良さであることを確認できた放送日でした」(女子アナウオッチャー)

 桑子は同番組を昨年春より担当しているが、それ以前は「ニュースウオッチ9」で“夜の顔”としてメインを務めていた。

「当時はバストを強調した衣装で登場する確率も高く、そのたびに男性視聴者を沸かせて人気を集めていました。しかし現在の“朝の顔”となってからは、その時間帯も考えてかボディラインが出にくいユルめのブラウス姿が増え、ファンも物足りない面があったのでは…」(前出・女子アナウオッチャー)

 そんな中、9月1日に、かねてより交際が報じられていた俳優の小澤征悦と結婚。

「こうなると、ますます男性ファンが離れていくのは必至。ただ、今回のバスト強調ではネット上で《やっぱり桑子アナのバスト最高だよな。きっとものスゴく柔らかいんだろう》《なんだか全体的にボリュームアップしてる?以前のように妖艶な感じで攻めて欲しい》などと注目を集めました。番組のためにも、今後ぜひ“目立たないながらも実は大胆”な衣装に挑戦して欲しいものです」(芸能ライター)

 一部では結婚をきっかけに“いよいよフリー転身か”といった報道も出ている桑子アナだが、事実であればその“助走”として、自身の“武器”のフル活用に期待したい。

関連リンク

  • 10/4 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます