長谷川京子「熟ボディ解放・谷間全開クッキング」別居を予感させた“露出急増異変”の数々!!

拡大画像を見る

 女優の長谷川京子(43)が夫と子どもが暮らす家を出て一人暮らしを始めたと、9月30日付の『NEWSポストセブン』が報じている。

 『CanCam』(小学館)の専属モデル時代は“ハセキョー”の愛称で親しまれ、一時は社会現象を巻き起こすほどの人気を博した長谷川。誰もが羨む“憧れのお姉さん”を射止めたのは、ロックバンド「ポルノグラフィティ」のギタリスト・新藤晴一(47)だった。

「2008年に交際3か月で結婚した2人は、いわゆる“デキ婚”でした。当時、長谷川は30歳。女優業も波に乗っていたタイミングでしたし、愛らしいルックスに魅了されていた男性ファンも多かったので、突然の結婚発表にショックを受けた方も多かったでしょう。結婚から13年、このたびの別居は離婚に向けたステップであると伝えられています」(女性誌記者)

 長谷川は2009年5月に第一子となる長男を、2012年1月には第二子となる長女を出産している。

「2015年、夫の晴一に浮気報道が飛び出しました。札幌・すすきので女優の小西真奈美(42)似の美女を“お持ち帰り”したと『FRIDAY』が報じたのです。不貞の決定的な証拠はありませんでしたが、深い仲を感じさせる密着2ショットなども掲載されました。そのころから長谷川の“異変”が騒がれるようになってきたんです。

 彼女は2016年放送の『ふれなばおちん』(NHK BSプレミアム)で主演を務めたのですが、ネット上では《話の内容より分厚い唇が気になる》と話題に。一部では《明らかに前と違う》という声もありましたが、化粧っ気のない中年女性の役だったので、かえって唇に注目が集まってしまったのかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

 近年の長谷川といえば、2019年1月から『グータンヌーボ2』(関西テレビ)でMCに初挑戦、さらに、2020年6月には自身のYouTubeチャンネルを開設するなど、女優業以外の分野にも積極的に進出している。

■胸の谷間が終始丸見え状態!長谷川京子のYouTube料理動画がヤバい!

「そのYouTubeの初投稿が、またしても注目を浴びました。自宅キッチンで『メカジキのレモンバターソースがけ』を作る様子を公開した料理動画なのですが、とにかく格好がスゴい。“ヘビ使い”のようにターバンをぐるぐる巻きにした頭も目を引きますが、なんとトップスはブラキャミ1枚。ふくよかな胸の谷間が終始丸見え状態なんです。

 後追いでミラクルひかる(41)がパロディー動画を投稿したことでさらに話題を呼び、2021年10月1日現在で130万回再生を超えています」(WEB編集者)

 また、「インスタグラム投稿の変化にも注目ですよ」と前出の編集者は続ける。

「彼女は日々ボディメイクのトレーニングに励んでいるのですが、インスタでその成果である美ボディをたびたび披露しています。今年5月には自身のランジェリーブランドを立ち上げましたが、こちらの宣材写真も目のやり場に困るほどの大胆な露出っぷり。幼かった子どもたちも成長し、離婚に向けてすでに踏ん切りがついているのか、ここ数年は出し惜しみせず熟ボディを解放している印象です」(前同)

関連リンク

  • 10/4 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます