深海で巨大なサメに遭遇したダイバー やって来たイルカの行動に「この素晴らしい生き物たちを守りたい」(米)

拡大画像を見る

この動画を撮影した米ハワイ出身のケイリー・グラントさん(Kayleigh Grant、32)は、子供の頃からシュノーケリングに明け暮れ、22歳の時にダイビングを始めた。そして現在は、海を守るためにアカエイや体長15メートル級のクジラと一緒に泳ぐ日々を送っている。

そんなある日、ケイリーさんらダイバーが深海を泳いでいると大きなサメが近づいてきた。するとイルカがやって来て、サメから守ろうとしたという。

ケイリーさんはその瞬間を撮影した動画をTikTokに投稿し、イルカとサメの行動についてこのように明かした。

「サメは私たちが何者なのかを確かめるために近づいてきたのです。とても穏やかなサメでしたが、イルカは私たちのことを心配していました。彼らは私たちの周りをぐるぐる旋回したり声を出したりしてサメから守りたいようでした。」

動画ではサメが怪しい動きをするなか、イルカがスピードを上げてダイバーの周りを泳ぎ、彼らを守っているように見える。

そして最後には「イルカは私たちの安全のために群れの中に入れてくれるのです。なんて美しい魂なのでしょう。この可愛いイルカのように私たちもみんながお互いを思いやりたいものです」とメッセージが添えられている。

水中でサメに接近したのは今回が初めてではないというケイリーさんは、特別な訓練を受けたオーシャンガイドとして海洋生物の行動を理解し彼らの生活を記録しているという。

昨年、海洋ツアー会社「Kaimana Ocean Safari」のインタビューを受けたケイリーさんはこう語っていた。

「妊娠している可能性が高い22フィート(約6.7メートル)のホホジロザメと一緒に泳ぐことができて、とてもいい経験になりました。サメはまったく脅威を感じていませんでした。私はサメと一緒に泳ぐのが大好きです。サメは凶暴だと言われていますが、実際は思っている以上に優雅で優しい生物です。ほとんどの動物はエネルギーを感知することができ、想像以上に賢いのです。」

またケイリーさんは「この素晴らしい生き物たちを守るために人間は大きな役割を果たすことができる」と述べており、「海を守ることはこの地球に生命をもたらすために必要なことです。そのためには魚を食べる量を減らしたり、持続可能な水産物を選んで食べること、それに使い捨てプラスチックの使用を減らしたり、海のために声をあげたりすることが大切です。それとビーチでは必ずゴミを拾いましょう」と呼びかけている。

画像は『Kayleigh Grant 2021年9月7日付TikTok「What a sweet #dolphin」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 10/4 17:03
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます