キャシー中島 再び皮膚がんで8日に手術「笑顔で勝つ」 5年前と同じ部分再び切除へ

拡大画像を見る

 俳優・勝野洋(72)と妻・キャシー中島(69)が4日、都内で行われた舞台「浜辺の朝~俺たちのそれから~」(12~17日、東京・俳優座劇場)取材会に、次女の勝野雅奈恵(39)、長男の洋輔(37)と登壇した。中島は16年2月に基底細胞皮膚がんで手術を受けたが、再び皮膚がんの診断を受け、8日に手術を受けることを1日深夜、自身のブログで公表していた。

 中島は5年前、右目の下を3センチ切除したが、同じ場所を8日に2センチ切除し、4、5針縫うという。再発ではなく、入院はしない。最初の手術後、毎月チェックのため通院しており、8月末に検査を受けて9月末にがんの診断を受けた。

 中島は現在の心境を「心構えもできてるし、怖くはないです。5年に1回くらいできるのかなと覚悟しています。笑っていれば傷もきっと気にならないし、皮膚がんに勝つのは笑顔です。傷モノにはなりますが勝野さんが良ければ大丈夫です」と笑顔を見せ、勝野は「大丈夫です」とうなずいていた。

 妻の病について、勝野は「内心祈りましたね、そう(がん)じゃないように。でも(妻が)明るいんで、俺も一緒に暗くなる必要はないし明るくしてれば、良いことがこれからあるんじゃないかな。前向きに捉えてるので応援するだけです」と話した。

 本公演の原案を務めた、中島は12日の初日に「行きます。負けたくないというかそれぐらいのことでやりたいことをやらないはしない」と力強く語った。

関連リンク

  • 10/4 16:39
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます