『SOLのステージを見て!』 SOL・こはるが、TIF2021のステージで躍動

拡大画像を見る

 「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」(以下、TIF2021)に出演する6組のグループから、6人のメンバーが水着グラビアを誌面で披露し、「水着でアイドル頂上決戦」なる投票バトルが開催されている。

 本企画では、「週刊SPA!」の表紙と巻頭ページにグループで登場する権利をかけて、雑誌についている投票券の数を競う。

◆TIFに出場するのは2回目! 『SOLのステージを見て!』

 TIF2021の最終日、午前中のDOLL FACTORYステージに登場したのは、今回グラビアに挑戦した、こはるが所属するSOLだ。TIFに出場するのは、グループ結成の2019年以来、2回目。こはるは、「最初のTIFはステージに立てるだけで満足してたけど、今回は『SOLのステージを見て!』という気持ちで爪あとを残したいです」と意気込んでいた。

 SOLは、メンバーを「シネマティック・エンターテインメント・クルー」と呼び、ライブは1本の映画を観ている感覚になれるぐらい幅広い楽曲のセトリが特徴。ダークな曲調の1曲目「Caelestis」から、ロックナンバーの「エキセントリックランデブー」「いけないアップルパイ」と、徐々に会場もヒートアップ。また楽曲の世界観に応じて、振り付けだけじゃなく、表情もガラッと変わるSOLのパフォーマンスにファンも手拍子で応えていた。

◆こはる「SOLみんなで表紙に載りたいので、ぜひぜひ応援してください!」

 グラビア撮影時のインタビューで、こはるは、コロナの影響でライブや新曲リリースがあまりできなかったり、今年8月にはメンバーの脱退があったりなど、アイドル活動の大変さも話していた。そんななか迎えたTIFのステージで、いろいろな思いが溢れたのだろうか。この日、2回目のステージで披露した「ミライノツバサ」の歌い出しでは、メンバーの英莉が涙声に。それに気づいたほかのメンバーたちが笑顔で励ます姿が印象的だった。

 ステージの締めくくりには、今回のグラビア対決に触れて、こはるは「なんと速報順位が3位です! SOLみんなで表紙に載りたいので、ぜひぜひ応援してください!」と会場にアピール。いつもは小学生キャラとイジられることもあるそうだが、今回のグラビアでは、“セクシーロリ”な一面を披露。そんな彼女のドラマティックな巻き返しに期待したい。
 
取材・文/吉岡 俊

―[TOKYO IDOL FESTIVAL 2021]―


関連リンク

  • 10/4 15:32
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます