俳優・窪田正孝の“凄さ”とは――映画で振り返る「憑依型」の資質と新たな領域

 窪田正孝が、帰ってくる――。独自のゾーンを持つ人気実力派俳優の新作を、待ち望んでいた方も多かったことだろう。実は2021年はここまで、映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』での回想出演くらいしか、窪田の出演作がなかった。2020年はNHK連続テレビ小説『エール』に映画『ファンシー』『初恋』『映画 えんとつ町のプペル』と出演作ラッシュだったため、ファンはそのギャップに禁断症状を起こしていたのではないか。

 しかし、10月からはドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)が放送開始。そこから、映画『決戦は日曜日』(2022年1月7日公開予定)、『ある男』(2022年公開予定)と出演作が続く。再び、“窪田正孝 旋風”が吹き荒れることになるだろう。

 彼の新たな活躍を、最大限楽しむために――。今回は、窪田正孝がこれまでに出演してきた映画で見せつけてきた“凄さ”を、今一度プレイバック。さらに、最新映画『決戦は日曜日』についてもいち早くご紹介。我々自身も、“熱狂”を再点火していこうではないか。

アッパーとダウナー、両極端な表現に見る「憑依型」の資質

 俳優・窪田正孝の特色といえばいくつもあるが、やはり鮮烈なのは役に入り込む、その深度だろう。「憑依型」と評されるほどのなりきり具合は、彼の代名詞と言っていいほど語り草になっている。

 窪田の没入する演技は、大きく分けて二つのパターンがあるといえるのではないか。ひとつは「押し出す」、もうひとつは「隠す」だ。前者はアッパーな“温”の演技、後者はダウナーな“冷”の演技とでもいおうか。どちらにも圧倒的な“熱”は宿っているのだが、+と-ほどに正反対のキャラクターを形成していく。

 前者は、『るろうに剣心』(12)『東京喰種トーキョーグール』シリーズ(17~19)『HiGH&LOW』シリーズ(16~17)『Diner ダイナー』(19)などが挙げられる。キャラクターの“激情”を瞬発的に爆発させる必要性が伴う、難役たちだ。

 『るろうに剣心』では、許嫁のために手柄を立てようと京に赴いた下級武士を演じた。彼は祝言を間近に控えたタイミングで、人斬り抜刀斎(佐藤健)と遭遇してしまい、夢半ばにして斬られてしまう。しかし、なんとかして生き延びようと鬼気迫る執念を見せ、その後の抜刀斎=剣心の人生に深く影を落とす“十字傷”をつけるのだ。『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』で件のシーンがリプレイされたことで、改めて窪田の演技に戦慄させられた方も多いことだろう。彼はとかく“極限状況に置かれた人間”の生々しさを体現する術に長けており、大友啓史監督の妥協を許さぬ演出も相まって、壮絶な死にざまを見せつけている。

 『東京喰種トーキョーグール』では、自分の体が異形のものとなり、パニックに陥るシーンがおぞましい。冷蔵庫の中の何を食べてももどし、吐瀉物まみれの床をのたうち回りながら気も狂わんばかりになっていく。原作も含めたこの作品の根幹に流れる、“生々しさ”を身一つで表現しているのだ。

 『HiGH&LOW』で演じた不良チームのリーダー、スモーキーは、病気を抱えながら無類の戦闘力を誇るというカリスマ的な魅力を持ったキャラクター。入り込むほどにカッコよさが増していくという、窪田の強みを十二分に生かせる役どころでもあった。『Diner ダイナー』では、普段は紳士的だが、スイッチが入ると発狂してしまう殺し屋を熱演。穏やかな平時と、壊れてしまった状態のギャップ、周囲を巻き込むドライブ感が凄まじい。

 このようなある種、攻撃的な“動”のキャラクターに対し、明鏡止水のごとき“静”のキャラクターもまた、窪田の役への深度が浮き彫りになるものだ。『ふがいない僕は空を見た』(12)『闇金ウシジマくん Part2』(14)『予告犯』(15)『64 -ロクヨン-』(16)などがこれにあたる。

 『ふがいない僕は空を見た』では、認知症の祖母と暮らす苦学生を演じた。常に金に困っており、バイトを掛け持ちしているが、他者の前では努めて“普通”にふるまおうとする。同級生(永山絢斗)から弁当の“施し”を受け、陰でこっそりと捨てるシーンなど、複雑な心境を見事に体現した窪田の表現力は、当時から際立っている。我慢し続けた感情があふれて歯止めが止まらなくなるシーンは、観る者の感情を揺さぶることだろう。

 『闇金ウシジマくん Part2』では、フワフワと地に足のついていない新人ホストが、成り上がるために客の女性(門脇麦)の人生を破壊していくさまを演じ切った。無自覚に人を利用してしまう恐ろしさ、その裏にある孤独、ある“事件”に遭遇した際の絶叫等々、一人の人物が変容していく姿をヒリヒリとした肌感で魅せる。

 『予告犯』では、世直しを掲げる犯罪グループに加担する“協力者”の青年に扮した。この役では、窪田の特長である「作品のトーンを一気に変える声のマジック」が発揮されており、取り調べのシーンなどで窪田が発言することで、画面全体の空気感が一気にシリアスな方向へと変わっていく。声で役が作られていく部分は、天才ミュージシャンに扮した『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13)にも通じる(窪田はこちらでも、佐藤健と“対決”している)。『64 -ロクヨン-』でも難役に挑戦しており、こちらでは誘拐事件に責任を感じて心を病んでしまう青年役。実直な人物が、自室に引きこもり後悔の念に苛まれるさまは、実に心痛だ。

 もちろん『THE LAST COP/ラストコップ』(17)や『ヒーローマニア-生活-』(16)のようにオーバーかつコミカルな演技もこなせる器用な役者だが、何かしらの“痛み”を抱えた人物と出会ったとき、窪田のポテンシャルは最大限発揮されるといっていい。その表出法が動にせよ静にせよ、窪田の役との結びつきが強固なため、揺るがぬ“熱”が漂っている。

新たなステージへと進む窪田正孝

 そうした特長に加え、近年ではさらなる進化を遂げた窪田。なんと、「無」という新たなスキルまで披露するようになったのだ。自身の特長だった“熱”をあえて廃し、無気力なところからスタートするという挑戦――。『犬猿』(18)や『初恋』(20)、最新映画『決戦は日曜日』などがこれに該当する。

 『犬猿』は傍若無人な兄に振り回される事なかれ主義の弟、『初恋』は余命わずかと知らされた“熱くなれない”ボクサー、『決戦は日曜日』はわがままな立候補者に強く言えない私設秘書と、それぞれに“受難”に悩むキャラクターたち。これまではそこに抗おうとする意志を演技で魅せていたが、ここに挙げた3つの役柄は受難を受け入れ、或いは流されてしまう。強い人間でも弱い人間でもなく、「どうでもいい」とでも言いたげな自分の人生の傍観者。ただその中で、何かの拍子にスイッチが入り、目の色が変わる――。こうした変化のグラデーションまでも、窪田は表現するようになったのだ。

 『空白』の𠮷田恵輔監督による『犬猿』では、後半に堪忍袋の緒が切れてまくしたてるシーンが登場し、『初恋』においてはヤクザとマフィアの抗争に巻き込まれて「生きたい」という感覚が芽生えていく。『決戦は日曜日』は、宮沢りえ扮する唯我独尊のお嬢様に手を焼きつつ何とかなだめすかそうとしているものの、裏ではディスりまくる“人間の二面性”を、生活感たっぷりに演じた。ある種、これまでとは違った人間の嫌な部分(だが共感してしまう)を明確に打ち出していると言っていい。

 役にのめり込む自らの特長を逆手に取った、“絶妙に肩の力が抜けた演技”という新たな領域へと進み始めた窪田正孝。2021年秋から始まる彼の「新章」は、今後の役者人生を占う重要なターニングポイントになるかもしれない。

▼ 記事で紹介された映画はこちらでご覧になれます

『るろうに剣心』(2012年)
出演:佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、須藤元気、田中偉登、奥田瑛二、江口洋介、香川照之、窪田正孝
Netflixで配信中
レンタル:Amazon Prime Videoで299円、U-NEXTで199円、dTVで440円

『東京喰種 トーキョーグール』(2017年)
出演:窪田正孝、清水富美加、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優
Amazon Prime Video、Netflix、U-NEXT、Huluほか配信中

『東京喰種 トーキョーグール【S】』(2019年)
出演:窪田正孝、山本舞香、鈴木伸之、小笠原海、白石隼也、木竜麻生、森七菜、桜田ひより
Amazon Prime Video、Netflix、U-NEXT、Huluほか配信中

『HiGH&LOW THE MOVIE』(2016年)
出演:AKIRA、岩田剛典、TAKAHIRO、登坂広臣、V.I、窪田正孝
Netflix、Huluほか配信中
レンタル:Amazon Prime Videoで400円

『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(2017年)
出演:AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、登坂広臣、黒木啓司、山田裕貴、鈴木伸之、窪田正孝、林遣都、中村蒼、NAOTO、関口メンディー
Netflix、Huluほか配信中
レンタル:Amazon Prime Videoで400円~

『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(2017年)
出演:AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、登坂広臣、井浦新、斎藤工、窪田正孝
Netflix、Huluほか配信中
レンタル:Amazon Prime Videoで400円~

『Diner ダイナー』(2019年)
出演:藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬
Amazon Prime Video、Huluほか配信中
レンタル:dTVで330円~

『ふがいない僕は空を見た』(2012年)
出演:永山絢斗、田畑智子、窪田正孝、小篠恵奈、田中美晴
レンタル:Amazon Prime Videoで330円~、dTVで330円~

『闇金ウシジマくん Part2』(2014年)
出演:山田孝之、綾野剛、菅田将暉、木南晴夏、門脇麦、高橋メアリージュン、中尾明慶、窪田正孝
Netflix、dTVほか配信中
レンタル:Amazon Prime Videoで440円

『予告犯』(2015年)
出演:生田斗真、戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々、宅間孝行、坂口健太郎、窪田正孝、小松菜、福山康平
dTVほか配信中
レンタル:Amazon Prime Videoで300円~、YouTubeで300円~

『64-ロクヨン-前編』(2016年)
出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎
Amazon Prime Video、Netflix、U-NEXTほか配信中

『64-ロクヨン-後編』(2016年)
出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎
Amazon Prime Video、Netflix、U-NEXTほか配信中

『犬猿』(2018年)
出演:窪田正孝、新井浩文、江上敬子(ニッチェ)、筧美和子
Amazon Prime Video、U-NEXT、dTVほか配信中

『初恋』(2020年)
出演:窪田正孝、大森南朋、染谷将太、小西桜子、ベッキー
Amazon Prime Video、U-NEXT、dTVほか配信中

※実際の配信状況は記事公開時とは異なっている可能性があります

  • 10/4 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます