サンドウィッチマン、30年前・後の相方に伝えたいこと「ずっと富澤が悩んでいます」

「令和3年産宮城米取扱説明会および新CM発表会」が9月29日に開催され、サンドウィッチマンの2人が(伊達みきお、富澤たけし)が登壇した。

 新たに制作されたサンドウィッチマン出演のみやぎ米 新CMがお披露目され、サンドウィッチマンによる新CM制作秘話やみやぎ米にちなんだトークセッションが実施された。

「体で石作ったり、水作ったり……」

 今年で30周年を迎えた「ひとめぼれ」や、上品なもちもち食感が特徴のブランド米「だて正夢」といったブランドがある「みやぎ米」の新CMがお披露目された今回のイベント。

 サンドウィッチマンの2人がみやぎ米のCMに出演するのは、今年で5年目になるという。

 イベントの冒頭、声優の千葉繁さんがナレーションで今回のCMに起用されていることに触れられた際、2人は「すごいですよね。やっぱり『北斗の拳』や『魁!!男塾』の世代ですから。光栄ですね」(伊達さん)「絵に負けていないナレーションで素晴らしかったです」(富澤さん)とトーク。

 富澤さんは「CMを撮るときの体勢がつらくて。膝に水溜まっているんで、体勢をキープするのがしんどかったんですけど、いいCMになって良かったです」と、今回のCM撮影について振り返った。

「ひとめぼれ」が今年で30周年を迎えることにちなみ、「伊達さんから30年前の富澤さんに伝えたいこと」、「富澤さんから30年後の伊達さんに伝えたいこと」をそれぞれフリップで発表するトークセッションでは、伊達さんは「尿路結石に気をつけろ!!」と紹介。

「ずっと富澤が悩んでいます。ここ最近ずっと座薬を入れながら仕事していて、ちょうど先週もおしっこと一緒にポロッと出てきたんだよね?」 (伊達さん)
「鬼滅の刃をちょうど見ているときに。尿の呼吸で出てきましたね。『煉獄さーん!』つって」(富澤さん)
「きたねー呼吸だな(笑)!しかも、その石をいま袋に入れて持ち歩いてたり、ブログにアップしたりしていて、気持ち悪いんですよ。体で石作ったり、水作ったり」(伊達)
「神みたいですよね。地球の創造主みたいな。お米もできてくれたらいいんですけど」(富澤)と、掛け合いを見せて会場を盛り上げた。

 一方、30年後の伊達さんに伝えたいこととして、富澤さんが「そっちの生活は慣れましたか?」というフリップを見せると、伊達さんは苦笑しながら「やめろよ、お前。何年か前に俺死んでるじゃねーか。俺に何かこれがフィーチャーされるんですよ? やめてください」とツッコミ、笑いを誘っていた。

 日本では現在およそ900ものお米の品種があるそうだが、「ひとめぼれ」は業務用カテゴリで4年連続No. 1のタイトルを獲得していることを受け、伊達さんは「僕らがコマーシャルをやりだしてからずっと1位ってことですよね? JAさん、これは大きいですね。JAさん、そういうことでございます」と、主催者にしっかりアピール。

 また、5年目のCM出演の感想を囲み取材で改めて聞かれた富澤さんは、「こんなことなら(コンビ名は)『サンドウィッチマン』じゃなくて、『おむすびマン』にしておけばよかった」と、コメントした。

 イベントの最後、伊達さんは「『ひとめぼれ』30周年ということですが、この30年というのは東日本大震災を乗り越えての30年。これがまた大きいことだと思います。震災のときは本当に全国の方に助けられて、「ひとめぼれ」も海沿いの田んぼなんかは塩害で、もう駄目なんじゃないかという状況にもなりました。でも、それがまた復活して、こうやっておいしいお米が作られるようになりました。今度は宮城から日本に元気を届けられるお米になってほしいなと思っています」と、メッセージを送った。

  • 10/4 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます