窪田正孝&本田翼「ラジエーションハウスⅡ」唯織&杏の“恋の行方”に言及

【モデルプレス=2021/10/04】俳優の窪田正孝と女優の本田翼が4日、同日放送開始のフジテレビ系月9ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」(毎週月曜よる9時~※初回90分スペシャル)の取材会に出席。同作の見どころについて語った。

◆窪田正孝&本田翼、唯織&杏の“恋の行方”は?

2年半ぶりに続編が放送される同作。窪田演じる五十嵐唯織と本田演じる甘春杏の“恋の行方”について聞かれると、2人は「引き続きといいますか…(笑)」ともどかしい関係性に言及。

本田が「監督が好きですよね、こうくっつきそうでくっつかないの作るの」と指摘し報道陣の笑いを誘うと、窪田も「どこまで引っ張んねん!って」と共感した。

◆「伝説の四角関係」も

しかし、シーズン2には変化もあったようで、窪田は「唯織が杏ちゃんに結構はっきり(意見を)言えるようになったのは変化かなと思います」とコメント。

本田は「そして伝説の四角関係が待っていますね」と辻村駿太郎(鈴木伸之)&広瀬裕乃(広瀬アリス)との四角関係に触れ、「そこはかなりの見どころになるんじゃないかな」と語った。

◆窪田正孝主演「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」

本作は、現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作で、2019年4月期に放送された月曜9時ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の続編。

“ラジエーションハウス”とは、病の原因を探り、レントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師、画像を読影(※レントゲンやCT、MRI、超音波、心電図などの検査によって得られた検査画像から診療上の所見を得ること)し、病気を診断する放射線科医らが身を置く放射線科のこと。そこで働き、患者の病、ケガの根源を見つけ出す“縁の下のヒーロー”たちの戦いを描く。

“写真には必ず真実が映る”、と信じる診療放射線技師・五十嵐唯織を窪田、唯織がずっと思いを寄せていた幼なじみで、同じ甘春総合病院で勤務する放射線科医・甘春杏を本田が演じるほか、新人放射線技師・広瀬裕乃を広瀬アリス、放射線技師長・小野寺俊夫を遠藤憲一が演じる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/4 13:40
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます