八代弁護士、眞子さま会見を心配 PTSDメディア原因なら「相当な苦痛を強いる」

拡大画像を見る

 弁護士の八代英輝氏が4日、TBS系「ひるおび!」で、26日に秋篠宮眞子さまが会見を行うことに、眞子さまが「複雑性PTSD」と診断されていることから「相当な苦痛を強いることになるのではないかと危惧している」と心配の声を挙げた。

 番組では眞子さまと小室圭さんの結婚が26日に決まったことを特集。宮内庁の会見で眞子さまは、18年から19年頃に、メディアの報道やネットなどの書き込みで誹謗中傷されていることを正す事は難しいと感じ、特定の文字を見ると恐怖感がフラッシュバックされるような状態であることも明かされている。

 これに八代弁護士は「ご結婚は2人が判断されること。周りがとやかく言うことではない」と前置きした上で「もしPTSDになっている状況で会見を求めるとなれば、それはメディアが原因の一端になっている以上、相当な苦痛を強いることになってしまうのではというのは危惧しています」と心配の声を上げた。

 さらに、眞子さまがメディアやネットなどの声を気にして一時金辞退を決めたのであれば「今後の生活を考えた上では早計な判断なのではないか。やめられた方が、もう一度考え直された方がいいのではと思います」とも訴えていた。

関連リンク

  • 10/4 13:38
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます